レイクでおなじみの新生銀行が危険な状態に!?今後どのような推移を見せていくのか要注意

銀行系カードローンランキングへ

新生銀行が公的資金の返済ができないってほんと?レイクは大丈夫なのか?

新生銀行が危ない!?公的資金の返済ができない?レイクは大丈夫?

 

カードローンでおなじみの『レイク』。レイクは新生銀行グループの一員です。そんな新生銀行ですが、実は今非常に危険な状態に陥っていると言われています。

 

公的資金を返済できない状態に!?

そもそもなぜ新生銀行が危ないのか、と言われているのか。その最大の理由は公的資金を注入したにもかかわらず返済のメドが立っていない、返済できそうに無い状態にあるからです。

 

新生銀行以外にもりそなホールディングス(HD)やあおそら銀行も公的資金を受けていたのですが、これらは前倒しに完済しています。にもかかわらず新生銀行はいまだ目処が立っていない状況です。

 

どうしてこんな状況に?

知名度も抜群で、顧客数も決して少なくないはずの新生銀行がどうしてこのような状況に陥ってしまったのでしょうか。理由は色々と言われていますが、やはり大きいのはマイナス金利政策ではないかと言われています。

 

公的資金を注入した後、新生銀行は信販会社の「アプラス」や消費者金融の「レイク」「シンキ」を買収。これらを傘下に招き入れることでさらなるサービスの拡充を図ったようなのですが…過払い金請求による大きな損失が出てしまったのも公的資金の返済が困難な状況に陥ってしまう一因となっているようです。

 


傘下に新生フィナンシャル、シンキ、アプラスフィナンシャル、昭和リースといったノンバンク子会社のほか、新生信託銀行、新生証券などを擁する大手銀行。超低金利下で収益に強い下押し圧力がかかっている。しかし一方では、問題資産の処理の一層の進展や資本水準の改善など財務基盤の良化が進んでいる。収益力の伸び悩みはあっても個人向け業務など収益変動性の小さい業務の比率を高めることで利益の安定性を高められるかどうかが今後の格付のポイントである。

 

株式会社日本格付研究所 信用格付の結果

 

レイクは大丈夫?

私たち消費者の視点から見ると、最も気になるのは「レイクは大丈夫なんだろうか?」ということではないでしょうか。実際にレイクにお世話になっている方も少なくないのでは。

 

大丈夫かそうでないかで言えばすぐに経営破綻、倒産はないと思います。相変わらずテレビCMを始めとした広告にも力を入れていますし、数多くのカードローンの中でも人気の高い金融サービスですし。

 

とはいえ、現状のまま悪い方向へどんどん進んでしまうようだとレイクも危ういかもしれません。今すぐにどうにかなってしまう、という可能性は低いと思いますが、長い目でみれば注意しておくべきなのかもしれませんね。

 

新生銀行はいわゆるメガバンクや地方銀行とは少し異なる部分があるため、独自のユニークな路線を目指していかないと活路を開くのは厳しいのかもしれません。とはいえレイクを始めとした金融商品サービスの質や種類が実に豊富。今後も力を入れていく分野だと予想されます。

 

とはいえ立て直しにはより一層顧客を取り入れること、利用者の利便性を高めることが肝心要。今後の動向を注意深く見守っていきましょう。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ