キャッシングの利用に必要なものを詳しく紹介します!

銀行系カードローンランキングへ

免許書や収入証明など即日キャッシングには何を用意すればいいのか?

即日キャッシングの準備

 

即日キャッシングを利用するためには審査に通過する必要があることは多くの人が知っていると思いますが、利用に必要な提出物が幾つか存在するので、申込を行う前に準備しておきましょう。

 

キャッシングに必要なもの

 

キャッシングの利用に必要なものは本人確認書と収入証明書の2つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

本人確認書について

 

まず、本人確認書として有効なものをまとめました。

 

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. 住民基本台帳カード(※)
  4. パスポート
  5. マイナンバーカード(※)

 

※住民基本台帳カード・マイナンバーカードで借りられるキャッシング

住民基本台帳カード

じぶん銀行カードローン
アイフル
セブン銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
スルガ銀行リザーブドプラン
静岡銀行カードローン セレカ
ちばぎんカードローン

マイナンバーカード

じぶん銀行カードローン
アイフル

 

注意してほしいのが、提出する本人確認書に現住所が記載されているか、ということです。運転免許証に記載されている住所が現住所ではない場合がよくありますが、そういった場合には、本人確認書とともに公共料金の領収書の提出が求められますので、まず確認してください。

 

上記した5つの中だと運転免許証が最も好ましいです。と言うのも、顔写真が付いているものの方が好ましいからです。住民基本台帳カードやパスポートにも顔写真は付いていますが、運転免許証に比べると日頃から使う機会が少ないということもあり、有効期限が切れていることがよくあります。

 

もちろん有効期限が切れていなければ問題ありませんが、運転免許証なら常に持ち歩いていると思うので、持っている人はわざわざ他のものを提出する必要はないでしょう。また、記述しませんでしたが、外国籍の方は在留カードか特別永住者証明書の提出が求められます。

 

収入証明書について

 

収入証明

 

キャッシングの利用に必要なものとして収入証明書を挙げましたが、実は全ての人が必要になるとは限りません。最近ではほとんどの金融機関が収入証明書は不要としています。では、どのような人に収入証明書の提出を求めるのかと言うと、以下のどちらかに該当する人になります。

 

  • 1度の借入で50万円以上の借入をする人
  • 他社も含め借入総額が100万円を上回る借入をする人

 

どちらかに該当する人は収入証明書が必要です。該当しない人は本人確認書のみの提出で大丈夫です。では、収入証明書として有効なものを確認しておきましょう。

 

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

 

職業によっては提出できるものが異なると思うので、自分に提出できるものを提出してください。ただし、どれも直近のものを提出する必要があります。また、給与明細書を提出する場合は直近のものを数ヶ月まとめて提出してください。ボーナスが出ている人は1年分の賞与明細書も併せて提出しましょう。

 

配偶者貸付に必要なもの

 

次に配偶者貸付に必要なものを見ていきたいと思います。配偶者貸付とは、収入のない専業主婦の方などが配偶者の年収を元にお金を借り入れる方法です。配偶者貸付に必要なものは以下の通りです。

 

  • 配偶者の収入証明書
  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を証明する書類

 

配偶者貸付には上記の3つが必要になります。ただ、配偶者貸付を導入している金融機関はまだ多くありません。また、審査も厳しいと言われています。

 

あるものの提出で電話による在籍確認が省ける?

 

社員証

 

在籍確認を省く方法があることを知っていますか?一部の金融機関では以下のものを提出することによって在籍確認が省けることがあります。

 

  • 社員証
  • 給与明細書

 

ただ、提出しても必ずしも省ける訳ではないので注意してください。

 

即日キャッシングの準備ついて・まとめ

今回はキャッシングの利用に必要なものを見てきました。大多数の人が本人確認書のみの提出になると思いますが、収入証明書も必要な人は取得に時間がかかるものもあるので事前に準備しておきましょう。

 

最後に提出方法についてですが、店頭窓口や自動契約機で契約を結ぶという人は提出物を忘れずに持参してください。店頭窓口の場合は直接スタッフに提出、自動契約機の場合はスキャナーで提出という形を取ります。

 

WEB完結のようにネットで契約を結ぶという人は提出物をカメラやプリンターなどで画像化して提出することになります。最近では専用のアプリからも提出できます。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ