銀行系カードローンランキングへ

銀行系カードローンの審査に通過するために知っておきたいこと

カードローンの審査

 

初めて貸金業者にキャッシングの申請をする時には、必ず審査を受けることになります。

 

審査で主に行われることは

 

申込者が過去に滞納や債務不履行などの履歴がないか

また貸付金に対する返済能力が有るのか

 

などを確認します。融資する側にとって審査は至極当然な行為であり、審査の無い貸金業者などあり得ません。

 

カードローン審査で確認なされるポイント

審査では年収や年齢、勤務実態、勤務年数の4項目を中心に総合的な観点から融資の可否を判断しています。

 

なお、年収については、2010年6月に完全施行された貸金業法によって、1社からの借入金が50万円を超える場合、若しくは他の貸金業者からの借入を足すと100万円を超える場合は、貸金業者に対して年収を証明する書類の提出が必要になりました。

 

従来は申請書類への記載だけで済みましたが、より厳しい管理が貸金業者に課せられました。

 

年齢

年齢については通常、免許証や保険証によって確認しています。

 

以前は、収入面で安定性の無い若い世代は敬遠されがちでしたが、貸金業者の貸付総額が減少している折から、若い世代にも積極的に貸し付ける傾向にあります。

 

また、貸金業法によって、年収の3分の1までしか借入ができないという総量規制が設けられた今日では、年齢確認はあまり意味をなしていません。

 

勤務実態

勤務実態は審査における重要な要素となっています。融資をする上においては安定的な収入が絶対条件であり、定職に就いているかどうかで返済能力の有無を判断すると言っても過言ではありません。

 

貸金業者においても勤務実態の確認は必ず実施されます。

 

在籍確認の方法

確認方法のほとんどが直接勤務先へ電話する手段を取っています。当然、電話をかける際に貸金業者の名前を出して、申込者のプライバシーを侵害するようなことはしません

 

一般的に貸金業者の女性職員が勤務先に電話をかけ、

 

申込者の知り合いのふりをして、

 

「○○と申しますが、△△さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

 

と尋ねます。

 

この時に、電話に出た人から

 

「△△は、今日は休みです」

「△△は、営業に出ています」

 

という返事がもらえれば、勤務実態の確認が取れたことになります。

 

なお、確認は勤務実態だけですので、勤務年数を聞いたり、年収を調べたりすることは全くありません。また、在宅で仕事をしている人や年金受給者には家の方に電話が入ります。

 

勤務年数

勤務年数に関しては、年齢や転職歴などから容易に判断できます。勤務年数が重要になるのは貸付額が高額になる場合です。

 

総量規制によって年収の3分の1しか借入ができなくなりましたし、50万円を超える借入には収入証明書が必要になっているので、以前ほどの勤務年数のチェックの必要性はなくなりました。

 

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ

銀行系カードローンの審査で聞かれるポイント記事一覧

住居状況

カードローンの審査では、居住状況(持ち家か賃貸か)はどの程度影響するのでしょうか。実際の審査においては、これまでの借り入れの返済状況などに加えて居住状況について...

既婚・未婚

カードローンの申込書には既婚か未婚かを記入する蘭があるのですが、これはなぜなのでしょうか。既婚なのか未婚なのかは実際の審査ではかなり重視されるようです。ただしそ...

返済能力

カードローンの審査では返済能力が高ければ高いほど有利になります。お金を貸し出すのがカードローン会社ですから、利用者が利子を加えて返済をしてくれることによって経営...

勤続年数

カードローンの審査の際には、勤続年数の条件はどの程度影響するのでしょうか。勤続年数が少ないという人の場合には、カードローンの審査に申し込む際に不安を感じるかもし...

与信スコアリングシステム

カードローンに申し込んだ場合に、コンピューターによって自動的に行われる審査であるのが与信スコアリングシステムです。申込書に記載された各種情報を点数化することによ...