信用情報に傷が付くとキャッシング契約を破棄されたり、新規申込みを拒否される!?いわゆるブラックリスト状態に陥る可能性がある

銀行系カードローンランキングへ

信用情報に傷がつくとどうなるのか?元には戻るのか?

信用情報に傷が付くのはどんなとき?

 

お金を借りると「ブラックリストに載るかもしれない」といったことを言われたことが無いでしょうか。ブラックリストによる=信用情報に傷がついている状態なのですが、具体的にどんなときに信用情報に傷が付くのかはほとんどの方が理解していないと思います。

 

もちろん借りた分をきちんと返済していれば信用情報に傷が付くことは無いのですが、知っておくのと知らないでいるのとではリスクが違います。そこで今回は信用情報に傷が付くのはどんなときなのか、ブラックリスト入りするとどのようなリスクがあるのかについて紹介していきます。

 

信用情報って何?

信用情報は消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどの審査でチェックされている情報のこと。これまでにどのようなキャッシングを利用したのか、今現在利用しているのか、きちんと返済しているのかといった情報になります。

 

この信用情報を取り扱っているのは国に認められている「個人信用情報機関」と呼ばれるところです。消費者金融や銀行はいつでも個人信用情報機関に問い合わせて、申込み者の信用情報を閲覧できるようになっています。

 

信用情報が重視される理由

消費者金融や銀行は結局のところ貸したお金を返してもらえないと商売にならないですよねキャッシングやカードローンは利用者を信用してお金を貸している状態になります。つまり、過去の信用情報を参考にするのは当然のことだと言えますよね。

 

例えばあなたがお金を貸す側になったとします。しょっちゅう借金を踏み倒してばかりいる人と、毎回きちんとお金を返している人とではどちらにお金を貸したいと思うでしょうか。そういうことです。

 

信用情報に傷が付くタイミング

具体的な信用情報に傷が付くタイミングには以下のようなものが挙げられます。

  • 返済日から3ヶ月以上延滞
  • 任意整理(返済額の減額などの申し入れ)
  • 自己破産や個人再生申立てなどの債務整理

基本的に延滞と債務整理が認められたときに信用情報に傷が付くと覚えておけば良いと思います。よくある勘違いなのですが、返済日から3ヶ月以上延滞して初めて信用情報に傷が付くと考えている方も多いのですが、これは間違いです。

 

例えば「3ヶ月延滞しなければ良いんでしょう?」と2ヶ月延滞を繰り返している人も信用情報に傷が付く可能性があります。このあたりの裁量は各消費者金融ごとで異なるのですが、少なくとも頻繁な延滞は危険です。

 

返済の1日遅れくらいなら大丈夫

「1日でも返済日に遅れてしまったら信用情報に傷が付くんだ!」と必要以上に恐れている人もいますが、少しくらいなら大目に見てもらえることがほとんどです。
というのも消費者金融側、銀行側も「返済のうっかり忘れはあるもの」と理解しているから。しかし、信用情報に傷をつかなくても遅延損害金が発生して必要以上に返済額が膨らむ可能性はあるので注意するに越したことはありません。

 

信用情報に傷が付くとどんなリスクがある?

どのような事情があるにせよ、信用情報に傷がついてしまうと様々なペナルティー、リスクを受けることになります。具体的には以下のようなペナルティーが挙げられます。

  • クレジットカードの利用停止・強制解約
  • キャッシングやカードローンの追加借入の拒否(返済しか受け付けない)
  • 新規キャッシング・カードローンの申込み拒否
  • 住宅ローンやマイカーローンの拒否

中でも痛手なのか追加借入ができなくなることかもしれません。「1万円だけ借入したいな」という時に「あなたは信用情報に傷がついているのでお金は貸せません!」と言われてしまうかも。また住宅ローンやマイカーローンを考えている人はかなり厳しい状況に置かれることになります。

 

信用情報まとめ

今回紹介したように、信用情報に傷がついてしまうとなにかと大変なことが分かります。今回紹介した内容をポイントにしてまとめると次のようになります。

 

  • 信用情報は消費者金融や銀行が審査の際に必ず参照する
  • 信用情報を取り扱っている機関が存在する
  • 3ヶ月以上延滞すると確実に信用情報に傷がついてしまう
  • 1日や2日くらいなら大目に見てもらえることがほとんど
  • 期間の長さを問わず、頻繁に延滞すると信用情報に傷が付く可能性がある
  • 信用情報に傷が付くと様々なペナルティーを受ける

 

一度傷がついてしまった信用情報は2度と消えないと思っている方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。例えば延滞なら延滞解消から5年ほどで傷ついた信用情報がリセットされます。

 

自己破産や任意整理も5年〜7年ほどでリセット。とはいえかなりの年月が必要になるのは間違いなく、また延滞が解消されていない状態だとずっと残り続けることになります。大事なのはできるだけ延滞しないようにすること、任意整理や自己破産といった債務整理に頼らない計画的な借入を検討することです。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ

関連ページ

マイナス金利はカードローンに影響を与える?もしかして金利が安くなったりする?-おすすめ銀行系カードローン比較
マイナス金利が住宅ローンに影響を及ぼす?住宅ローンの金利が下がる今がチャンス!-おすすめ銀行系カードローン比較
過払い金請求は弁護士?行政書士?
過払いは今もある?
過払い金請求の時効
極度額と限度額の違い
新入社員のキャッシング
キャッシングトラブルの相談先
銀行カードローンのレディースキャッシング
AI(人工知能)が審査
葬儀費用を借りることはできる?
追証(おいしょう)のためにキャッシング
カードローン利用者
武富士が倒産した理由
分割払いとローン払い
利用履歴が影響するもの
キャッシングの利用は確定申告で減税することはできる?基本的に減税は不可と考えるべき
新生銀行が危ない!?
ゆうちょ銀行と銀行は何が違うの?メリット・デメリットのまとめ
おまとめローンの後に過払い請求をするべき?どんなメリットが得られる?
銀行と名の付くものを徹底解説!メガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、ゆうちょ銀行…それぞれの違い、メリット、デメリットのまとめ
リクルートが中小企業向けの金融事業をスタート!果たしてその思惑とは?
銀行・消費者金融以外のカードローンには何がある?労金、JAのカードローンの違いとは?
結婚資金が足りないかも!?ブライダルローンに頼るべき?結婚資金に関する情報のまとめ
確定拠出年金のメリットやデメリットは?節税効果はどのくらい期待できる?
最もメジャーな仮想通貨の「ビットコイン」って何だろう?仕組みや利便性を徹底解説
耳にする機会が増えてきたFinTech(フィンテック)って一体何?これからに備えて仕組みを知ろう!