総量規制などの影響を受ける専業主婦の方のカードローンについて

銀行系カードローンランキングへ

貸金業法改正により専業主婦はキャッシングできなくなった!お金を借りたいなら銀行カードローンを検討しよう

専業主婦のカードローン

 

2010年に貸金業法が改正され、専業主婦はキャッシングが利用できなくなってしまいました。もともと貸金業法改正は返済能力以上の借入ができないようにすることで、先に苦しむ人や破産者を増やさないようにするためのプランでした。

 

しかし、改正によって年収の1/3までしか借入できないというルールが加わり、これによって収入を持たない専業主婦は借入ができなくなってしまいました。

 

その結果、キャッシングを利用したい専業主婦が違法業者に走ってしまうケースが増えており、結果的に困っている人が増えているのも事実のようです。そこで今回はヤミ金などの違法業者に頼らず、専業主婦でもキャッシングする方法について紹介していきます。キーワードは「銀行カードローン」です。

 

収入のない専業主婦のキャッシングは銀行カードローンを検討するべし!

 

 

なぜ銀行カードローンなのか?銀行系カードローンだとダメなの

 

 

どうして主婦がキャッシングをしようと思ったら銀行カードローンを選ぶべきなのか。それは配偶者貸付制度を導入しているからです。

 

全ての銀行カードローンが配偶者貸付制度を取り入れているわけではありませんが、いくつかの銀行カードローンが対応しています。

 

これは簡単に言えば収入を持たない主婦ではなく、配偶者(夫)の収入を信頼してお金を貸すことができるという制度です。

 

そもそもどうして収入を持たない人はキャッシングが利用できないのか、と言えばシンプルに「返済能力が無いと考えられてしまうから」です。お金を貸す以上、必ず返してもらわなくては商売になりませんよね。

 

専業主婦本人には返済能力が無いとしても、パートナーである旦那さんにちゃんとした収入があり、適度な返済能力がある、と認められればOKという形になっています。

 

銀行系カードローンはダメなの?

結論からいえば残念ながら銀行系カードローンは専業主婦は利用できないことになっています。冒頭で紹介した貸金業法改正によって年収の1/3までしか借入できない、言い変えれば年収を持たない人は借入ができないからです。

 

例えば年収30万円の人なら10万円まで借入できることになります。しかし年収0円の人は年収の1/3も0円ですよね。

 

各銀行系カードローンの申込み条件を見てみると、必ず記載されているのが「本人に安定した収入があること」という条件です。専業主婦の大半はここをクリアすることができないからこそ利用できずに困っている、というわけです。参考までに各大手銀行系カードローンの申込み条件をまとめておきます。

 

申込み条件 融資限度額 金利
プロミス 20歳〜69歳で本人に安定した収入があること 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%
アコム 20歳〜69歳で本人に安定した収入があること 1万円〜800万円 3.0%〜18.0%
モビット 20歳〜69歳で本人に安定した収入があること 1万円〜800万円 3.0%〜18.0%
アイフル 21歳〜69歳で本人に安定した収入があること 1万円〜500万円 4.5%〜18.0%

 

レディースキャッシングでもダメ?残念ながらダメなものはダメ

いくつかの銀行系カードローンにはレディースキャッシングが用意されています。

 

例えばアイフルなら「女性専用キャッシング:salali」など。

 

「女性専用って書いてあるくらいだから専業主婦でも利用できるんじゃないの?」と期待したくなりますが、これもやはり安定した収入がある人という条件の元でサービスが提供されています。これは他の銀行系カードローンでも全く同じで、やはり収入を持たない専業主婦にとって厳しい状況であることに間違いありません。

 

ご自身で収入がある主婦の方には→レディースキャッシングがおすすめ

 

専業主婦のキャッシングには何が必要?準備しなくてはならないものが多いので要確認

配偶者貸付制度を利用するためには以下の2つの条件をクリアしている必要があります。

 

  • 夫婦であることを証明できる
  • 夫に安定した収入があること

 

用意しなくてはならない書類は下記のものが挙げられます。各銀行カードローンによって必要なものが変わってくる可能性もあるので随時確認しておきましょう。

 

  • 主婦の本人確認書類(運転免許証や保険証など)
  • 夫婦であることを証明できる書類(住民票や戸籍抄本)
  • 夫の同意書(各カードローン会社側で用意されることが多い)
  • 夫の収入証明書(所得証明書や源泉徴収票など)

 

通常のキャッシングと比べると用意しなくてはならない書類が増えてしまいますが、これは致し方ないところだと考えるようにしましょう。

 

借入上限額は少なめに設定?大きな金額の借入れは難しい?

 

 

配偶者貸付制度を導入しているカードローンは全体的に借入上限額が少なめに設定されていることが多いです。

 

例えば本来なら上限500万円まで借入できるカードローンだとしても、配偶者貸付の場合は上限50万円まで、といった風になっているケースがあります。

 

とはいえ日常生活でちょっとした補填に使うくらいなら十分対応できる範囲内だと思うのでそこまで心配する必要は無いと思います。

 

また銀行カードローンによっては利用する銀行の口座を開設しておく必要があったり、住んでいる地域によっては利用できない銀行も出てくるのでこのあたりも注意しておく必要があるでしょう。

 

専業主婦におすすめの銀行カードローン

 

それでは最後に専業主婦の方でも利用できる銀行カードローンをまとめます。どれに使用か悩んでいる方は以下の中から選ぶのが良いと思います。

 

申込み条件 融資限度額 特徴
イオン銀行カードローンBIG 国内に住んでいる20歳〜64歳で、本人またはご主人に安定した収入があること。ただしイオン銀行口座を持っている必要がある。 3.8%〜13.8% イオン系列のお店をよく利用する方に特にオススメ。WAONとの提携など。
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 20歳以上70歳未満の方。本人または配偶者に安定した収入があれば申込み可能。ただしジャパンネット銀行口座を持っている必要あり。 2.5%〜18.0% ネットで完結させることができ、最短60分で融資可能。スピードを求める人にオススメ。
楽天銀行カードローン 20歳〜62歳までの人で本人またはご主人に安定した収入があること。ただし専業主婦の方は60歳以下まで。楽天銀行の口座を持っている必要あり。 1.9%〜14.5% 楽天ユーザの人にピッタリ。おまとめや借り換えにもOK。

 

安定した収入があれば基本的にどの銀行カードローンも利用できる!

 

安定した収入がポイント

 

今回は収入を持たない専業主婦にスポットを当てて紹介しました。配偶者貸付制度のある銀行カードローンを選べば収入のない人でも利用できる可能性があります。

 

一方で完全な専業主婦ではなく、アルバイトやパートなど少額でも安定した収入のある主婦の場合は銀行カードローン、銀行系カードローン問わず選択肢が一気に広がることを覚えておいて欲しいです。

 

年収が少なくても重要視されているのは継続した安定のある収入です。なのでカードローンを利用するためにバイトやパートを始めるのも良いかもしれません。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ