低金利で利用しやすいりそなプレミアムカードローン

人気の銀行カードローン「りそなプレミアムカードローン」

 

りそな銀行ではカードローンとして、2種類のサービスの提供を行っています。「りそなプレミアムカードローン」は低金利で大きな金額の借り入れが可能なカードローンなのですが、審査が厳しく行われるため即日融資などに対応することは難しいようです。

 

一方の「りそなクイックカードローン」は借り入れをスピーディで手軽に利用することができるカードローンなのですが、大きな金額の借り入れは難しく、また金利も割高になります。今回はりそなプレミアムカードローンのメリットとデメリットについて、他の銀行系カードローンなどの比較をしながら詳しく確認してみたいと思います。カードローンへの申し込みを検討する際の参考として活用してみてください。

 

りそなプレミアムカードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

りそな銀行プレミアムカードローン-おすすめ銀行系カードローン比較

 

低金利で借り入れを利用することができます

 

りそなプレミアムカードローンのメリットとしては、まずは低金利であることがあげられます。銀行系カードローンは消費者金融系カードローンよりも低金利で利用できることが一般的なのですが、りそなプレミアムカードローンは様々な銀行系カードローンの中でも特に低金利だといえるのです。

 

銀行系カードローンの多くでは最低金利が4%台に設定されていることが多いのですが、りそなプレミアムローンでは最低金利が3.5%に設定されています。実際に適用される金利条件は審査により借入金額などに応じて決められることになるのですが、いずれにしてもりそなプレミアムローンは低金利でお得なカードローンだといえるのです。

 

またりそな銀行の住宅ローンを利用している人の場合には、一定の条件を満たす場合にはさらに0.5%の金利の優遇を受けることができます。りそな銀行の住宅ローンを利用している人は、りそなプレミアムカードローンへの積極的な申し込みを検討してみてください。

 

大きな金額を借り入れることができます

 

りそなプレミアムカードローンはりそな銀行が提供するカードローンですから、貸金業者を規制する貸金業法に基づく総量規制の適用対象外となります。総量規制が適用される消費者金融系カードローンなどの場合には借り入れの限度額は最大で年収の3分の1までに制限されるのですが、総量規制が適用されないりそなプレミアムカードローンであれば年収の3分の1を超える金額の借り入れが可能になるのです。

 

さらにりそなプレミアムカードローンでは借入限度額は最大で800万円まで認められますので、大きな金額の借り入れが可能であることもりそなプレミアムカードローンの大きなメリットだといえるでしょう。ただし実際に利用することができる借入限度額は申込者ごとに審査により決定されますので、実際に大きな金額の借り入れを利用するためには年収などの条件が一定額以上であることが必要になります。

 

キャッシュカードをそのままローンカードとして利用することができます

 

りそなプレミアムカードローンでは、りそな銀行の普通預金口座のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用することができます。りそな銀行の普通預金口座を持っている人の場合には、新たに専用の口座などを開設する必要はありません。

 

またりそな銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には、りそなプレミアムカードローンへの申し込みと同時にりそな銀行普通預金口座の開設を申し込むことができます。1枚のカードでキャッシュカードとローンカードの2通りの使い方ができますので、財布の中に余計なカードを持ちたくないという人にも最適だといえるでしょう。

 

またATMで借り入れを利用しているところを誰かに見られてしまったとしても、他の人にはカードローンを利用していることはわからないのです。周囲の人たちにカードローンを利用していることを知られたくないという人は、りそなプレミアムカードローンへの申し込みを検討してみてください。

 

オートチャージ機能を利用することができます

 

りそなプレミアムカードローンでは、オートチャージ機能を利用することができます。公共料金などの引き落としの際にりそな銀行の普通預金口座の残高が不足している場合には、りそなプレミアムカードローンの利用限度額の範囲内で自動的に不足分の融資が行われますので、残高不足による引き落とし不能を事前に防ぐことができるのです。

 

 

りそなプレミアムカードローンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

厳しい申し込み条件が設定されています

 

りそなプレミアムカードローンはメリットの多いカードローンなのですが、その分だけ厳しい申し込み条件が設定されています。審査に通過するためには、年収400万円以上の正社員であることが必要になりますので、パート・アルバイト・学生・主婦・自営業などの人は申し込むことができません。(ただし利用限度額50万円型であれば年収などによる制限はありませんので申し込みが可能になります。)その他にはりそな銀行の営業エリア内に住んでいることが、りそなプレミアムカードローンに申し込むための条件となっています。

 

変動金利が適用されます

 

りそなプレミアムカードローンには変動金利が適用されます。具体的には1年に2回1月と7月に金利の見直しが行われ、経済状況の大きな変動などがあれば金利の改定が行われるのです。

 

固定金利と変動金利にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、単純にどちらが有利なのかを断定することはできません。金利そのものは変動金利の方が割安で有利になることが多いのですが、その後金利の引き上げが行われて不利になってしまう可能性があるのです。固定金利の場合には金利そのものは割高になってしまうかもしれませんが、当初の金利条件が最後まで適用されることになりますので、金利上昇の局面においては有利になるのです。

 

審査は最短即日で行われますがその後の手続きに時間がかかります

 

りそなプレミアムカードローンでは審査は迅速に行われますので、最短即日で審査の結果が判明します。ただしその後郵送により書類などのやり取りを行うことが必要になりますので、実際に融資を受けるまでにはある程度の時間が必要になります。契約の際には本人確認ができる書類(運転免許証など)と収入の証明ができる書類(源泉徴収票など)を提出してください。(利用限度額50万円型には本人確認ができる書類のみで申し込むことができます。)

 

さらにりそなプレミアムカードローンを利用するためには、りそな銀行の普通預金口座を開設していることが必要になります。りそな銀行の普通預金口座を持っていないという場合には、りそなプレミアムカードローンへの申し込みと同時に普通預金口座の開設を申し込んでください。

 

ちなみにりそなプレミアムカードローンとりそな銀行普通預金口座の開設を同時に申し込んだ場合には、申し込みから実際に融資を受けるまでには10日以上が必要になります。すぐにお金が必要な場合などには、即日融資に対応することができる消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

 

厳しい審査が行われます

 

りそなプレミアムローンでは厳しい審査が行われます。低金利で利用できるカードローンの場合には審査は厳しく行われることが多くなりますし、一方で比較的審査に通りやすいカードローンの場合には高金利が設定されていることが多くなります。一時期には多くの人が多額の金額の借り入れを利用して、その後返済不能に陥ってしまう事態が発生しました。
自己破産などの債務整理を申請する人が急増したため、カードローンを提供する金融機関では貸し倒れの発生に備えることが必要になったのです。貸し倒れの金額が増えればその分だけ金融機関の損失も増えることになります。
損失が大きくなれば金融機関は倒産してしまうことになりますので、銀行系カードローンでは厳しい審査を行うことで、また消費者金融系カードローンでは高金利を設定することで、それぞれ貸し倒れによる損失の発生に備えているのです。

 

りそなプレミアムカードローンはどのような人におすすめなのでしょうか?

 

りそなプレミアムカードローンは低金利で大きな金額の借り入れが利用できるカードローンなのですが、その分だけ申し込み条件や審査などは厳しくなっています。りそなプレミアムローンでは申し込み条件として、年収400万円以上であることが必要とされているのです。

 

公務員や大企業の正社員十分な年収がある人にとっては、りそなプレミアムカードローンは好条件の魅力的なカードローンだといえるのではないでしょうか。一方でパート・アルバイト・学生・主婦などの人の場合には、りそなプレミアムカードローンを利用することは難しくなります。年収の条件を満たすことが難しい人は、比較的審査に通過しやすい消費者金融系カードローンなどへの申し込みを検討してみてください。

 

審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
最短当日

パート・アルバイトは可能
専業主婦・学生は不可

なし なし
銀行グループ 実質年率 融資限度額 無利息期間
りそな銀行 年3.5%〜12.475%(変動金利) 800万円 なし

 

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ