今すぐお金を借りることができる!銀行系カードローン・銀行カードローンの即日キャッシングを成功させるために覚えておきたいポイントまとめ

銀行系カードローンランキングへ

即日キャッシングを成功させられるかは事前に準備できるかが重要!タイムリミットギリギリの借入れも

即日キャッシングのタイムリミットは?

 

 

「急な飲み会でお金が必要!」

 

「今月の生活費がピンチ!」

 

「思わぬ冠婚葬祭が!」

 

 

日々生きていると「今すぐお金を借りないと!」という場面があるものです。こんな時に頼りになるのが即日融資、即日キャッシングに対応している銀行系カードローンです。

 

名前の通り申し込んだその日のうちにお金が借りられるという非常に便利なサービス。頼りになるのは間違いないのですが、誰しもが必ずお金を借りられるとは限りません。

 

そこでここでは即日キャッシングに失敗したくない、絶対に成功させたい人向けのハウツーや心構え、準備について紹介していきます。どれだけ事前にきちんと準備できているかが成否を分けるので怠らないように!

 

即日キャッシングのタイムリミットは?ほとんどが平日14:00まで!

 

平日14時のタイムリミット

 

お金は必要だけど、仕事などで離れることができない。店舗や自動契約機に移動できない。あるいは単純に面倒くさい。そんな人はネット完結型の即日キャッシング対応銀行系カードローンを選ぶのが良いでしょう。パソコンやスマートフォンから手軽に申込み、キャッシングまでできます。

 

しかし注意しなくてはならないのが受付時間に限りがあることです。振込みキャッシングなので、当然銀行が営業している時間内に振込み手続きを済ませなくてはなりません。

 

ご存知の通り、ほとんどの銀行は平日15:00までですよね。つまり、振込手続きが15:00以降になってしまうと翌日に振込みが反映される形になってしまいます。これでは即日キャッシングとは呼べません。

 

大半の即日キャッシングは平日14:00までに申込みを完了させていることが大前提となっています。

 

最近では「最短30分で審査結果が分かる」などスピーディな対応をとっているところが増えているものの、申込み者が一時的に多かったりすると処理に時間がかかってしまうことも。もちろん申込み順に処理していくので、できるだけ早い時間帯に申込みを済ませておいた方が即日キャッシングの成功率が高まると言えるでしょう。

 

→即日キャッシングにおすすめの銀行系カードローンランキング

 

即日キャッシングのタイムリミットを超えてしまったら無理なの?まだまだ借りられる可能性はある!

 

タイムリミットを超えてしまったら

 

「仕事が忙しい」などの理由で14:00までに申込みできなかったとします。となると「タイムリミットを超えてしまったから即日キャッシングは無理なのかな」と思いますよね。ですが当日中にキャッシングできる可能性はまだまだ残されています。

 

無人契約機を利用!その場でカードを発行してもらえばATMから借りられる

ほとんどの銀行系カードローンは無人契約機を持っています。インターネットから申込み後、無人契約機で契約すればその日のうちにその場でカードを発行できます。

 

あとはそのカードを使って銀行ATMや提携ATMからお金が借りられる、というわけです。一度カードを作ってしまえばそのあとは必要なときに自由にお金が借りられるようになります。

 

無人契約機を用意しているキャッシング業者は以下の表を参考にしてください。

 

無人契約機 営業時間 土日祝日
プロミス プロミスATM 9:00から22:00(一部店舗は営業時間が異なるので注意)
アコム むじんくん 22:00
アイフル てまいらず 21:45

 

各業者によって異なりますが、ほとんどは申込み時に「契約は無人契約機で行い、その場でカードを発行して欲しいのですが」と担当オペレーターに伝えておけばOKです。ネット申込みでも「カード受取:無人契約機」といった選択肢があらかじめ用意してあるところもあります。

 

提携銀行口座なら大丈夫

プロミスやアコムには提携銀行口座があり、24時間365日いつでも振込みキャッシングに対応しています。

 

大前提としてこれらの銀行口座を所有していることが挙げられますが、もしも口座を持っているのなら、時間や土日祝日を気にすることなく、さらには無人契約機に足を運ぶ必要もなく即日振込みキャッシングが利用可能です。

 

プロミス 三井住友銀行 ジャパンネット銀行
アコム 楽天銀行

 

即日キャッシングの成功率を上げるには準備を怠らないこと!事前に必要なものを用意しておく!

 

本人確認書類

 

どこを利用するにしても、申し込む際に本人確認書類が必須となります。これを準備しておかないと審査自体が受けられないので即日キャッシングは絶対不可能に。その他にも条件によっては必要になるものも出てきます。必ず以下のものを事前に用意しておきましょう。

 

本人が確認できる身分証明書

運転免許証、健康保険証、パスポート、住基カードなどが該当します。

 

無人契約機で即日カード発行の場合は顔写真付きの身分証明書でなければ発行してもらえないことがあるので注意しておきましょう。

 

収入証明証

各業者によって金額が異なりますが、一度にたくさんの借入を希望する場合は収入証明書の提出が求められることもあります。

 

源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書、確定申告書といったものが該当します。

 

業者ごとの収入証明書が必要になる借入希望額は以下の通りです。

 

プロミス 50万円以上
アコム 50万円以上

 

いずれの業者を利用する際にも、借入希望額は50万円以下に設定しておいた方が良いでしょう。また、10万円以下に抑えておくと審査落ちのリスクが下がりやすくなる、と言われています。即日キャッシングの成功率を高めるなら意識しておきましょう。

 

できれば午前中に申込みを済ませておく!

 

申し込みは午前中がおすすめ

 

上記したように、即日融資に対応できるか否かは時間との戦いな部分があります。ほとんどの銀行カードローン、銀行系カードローンは平日14時までに申込みが完了していればOKなのですが、時間ギリギリになってしまうと対応できないこともあります。

 

ほとんどは「最短30分で審査完了」となっているので時間的な余裕があるイメージがありますが、審査が長引く可能性は大いにありえます。また振込みに時間がかかってしまうこともあります。

 

もしも即日キャッシングの成功率を高めたいと思うのなら午前中のうちに申込みから振込み手続きまで終わらせておくのが理想的です。

 

紛らわしい!?即日キャッシング(融資)可能と即日審査可能を間違えないで!

ここでちょっとした注意点。「即日キャッシング」と「即日審査」の2種類があることをご存知でしょうか。

 

「即日キャッシング」は名前の通りその日のうちにお金を借りることができるサービスのことを言います。

 

一方の「即日審査」はその日のうちに審査結果が出る、あるいは審査を行うことを表しています。つまり「即日審査」と書かれてはいるものの「即日キャッシング(即日融資)」という表記がなければ、申込みをした当日に借りられるとは限らない、ということになります。

 

まとめると…

 

  • 即日融資:申込み日当日にキャッシングができる
  • 即日審査:申込み日当日に審査を行っている。キャッシングができるとは限らない

 

この点は案外見落としがちですし、すぐにお金が借りられると思ったら実はダメだった…というケースは決して少なくありません。

 

しかも厄介なことに1度申込みしてしまうと個人信用情報が残り、即日キャッシングに対応している業者に申し込んでも断られてしまう可能性が出てしまいます。つまり申し込んだ時点で他の業者への申込みのハードルがかなり高くなってしまうわけです。

 

こういった自体も考えられるので、即日キャッシングを希望する方はこれらの点に注意しておきましょう。

 

即日キャッシングするなら銀行系カードローンと銀行カードローンどっちを選べばいい?

 

一昔前までは即日キャッシングを提供しているのは銀行系カードローンでした。しかしここ数年で一気に銀行カードローンも即日キャッシングに対応するようになっています。

 

では、銀行系カードローンと銀行カードローンのどちらを選ぶべきなのか…悩みやすいポイントだと言えます。そこで以下の表を参考にしてみてください。

 

銀行系カードローン 銀行カードローン
金利 ほとんどが18%。やや高い 15%程度のところがほとんど。やや低い
イメージ CMなどでイメージアップ 「銀行」ということで良いイメージを持つ人が多い
上限額 総量規制により年収の1/3まで 審査に通れば年収に対しての上限は無い
審査スピード 最短30分などかなり早い 最短30分から数日、銀行によっては即日対応
web完結 対応しているところがほとんど 一部対応していないところもある
専業主婦の利用 年収が無い専業主婦は利用できない 配偶者貸付制度に対応している一部の銀行なら利用OK

 

金利の低さや、イメージの良さで考えるなら銀行カードローンの方が選びやすいと思います。やはり金を借りる以上利息が発生するわけですので、できる限り金利が低い方が使い手にとってはありがたいのは間違いありません。

 

また総量規制対象外なので年収1/3まで、という縛りが無いのも銀行カードローンの魅力だと言えるでしょう。審査に通過さえすれば高額借入も実現可能です。

 

ただしネックとしてweb完結申込みや取引の使い勝手が悪いのは留意すべきポイントでしょう。即日キャッシングを希望するのなら、ほとんどのケースで自動契約機に足を運ぶ必要があります。
ということで「銀行カードローンか、銀行系カードローンか…」で悩んでいる人は次のように考えるのが良いと思います。

 

  • すぐにお金を借りたい!無利息キャッシングなどのサービス重視:銀行系カードローン
  • 午前中など早い時間帯から申込みができる、年収は比較的高め:銀行カードローン

 

即日キャッシングにおすすめの銀行系カードローン!条件や注意点をチェック!

ここでは即日キャッシングにおすすめの銀行系カードローンを1つずつピックアップして紹介していきます。それぞれ利用条件が設けられており、利用するにあたっての注意点もあるのでと合わせて確認してください。

 

プロミス

 

プロミスプロミス

 

三井住友フィナンシャルグループの銀行系カードローンと言えば「プロミス」です。テレビCMなどでもおなじみですね。即日キャッシングに加えて、無利息期間も用意されているのがポイント。

 

カードレスで即日融資ができる

プロミスはweb完結に強いカードローン業者で、カードレス利用が可能となっています。従来のようにカードがなくても指定した口座に振込みキャッシングすることで即日融資を実現しています。

 

指定した口座にお金を振り込んでもらって、あとは普段通りお金を下ろすだけで即日キャッシング完了。

 

もちろん希望すれば無料でカードを発行してもらうことも可能。

 

即日キャッシングでカードが欲しいなら無人契約機へ

申込み時に契約方法を「web」または「来店」から選べます。来店を選んだら自動契約機または店頭窓口でカードを発行してもらえます。このカードを使えば三井住友銀行ATMもしくは提携コンビニATMから自由にお金が借入できます。

 

条件や注意点

条件は安定した収入のある人なら原則誰でもOKです。ただし50万円以上の借り入れを希望する場合は収入証明書の提出が必要になるので注意しておきましょう。また収入を持たない専業主婦や無職の人は利用できません。

 

→プロミス公式サイト

アコム

 

アコムアコム

 

三菱東京UFJ銀行グループの「アコム」は即日キャッシングに対応しています。

 

web完結でも即日キャッシング可能!

パソコンやスマホを使ってインターネットで申込み〜振込みキャッシングまで全て完結させられる「web完結」に対応しています。即日キャッシングを希望する方は14:00までに必要書類を提出しましょう。

 

必要書類はデジカメなどで撮影した本人確認書類をアップロードすればOK!またコンビニなどに設置されているファックスから送ることもできます。

 

本人確認が取れたら、マイページにログイン、指定した銀行口座にお金を振り込んでもらえます。

 

もちろん無人契約機で即日カード発行も

アコムの無人契約機「むじんくん」を使えばその日のうちにその場でカードを発行してもらうこともできます。カードさえ手に入れれば、三菱東京UFJ銀行のATMや提携コンビニATMから自由にお金が借入できます。

 

条件や注意点

条件は安定した収入を持つ人です。専業主婦や無職の人は利用できないので注意。また50万円以上の借入希望は収入証明書の提出が必要になるので覚えておきましょう。

 

→アコム公式サイト

 

モビット

 

モビット

 

三井住友銀行グループの「モビット」は三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の預金口座を持っている人におすすめ。申込みから利用までネットのみで完結させられます。

 

コールセンターに電話すれば最速で即日融資が受けられる!

モビットはweb完結申込みに対応しています。つまりインターネット上で全ての手続きを済ませられ、即日キャッシングが受けられる、ということです。

 

特に急いでいる方はコールセンターを利用することでさらにスピーディに対応してもらえるのが強み。

 

ネットで申し込み後、コールセンターに電話します。するとすぐに審査を開始し、審査結果の連絡、契約、振込み融資…と最短ルートで即日キャッシングしてもらえます。手続き完了後最短3分でいつもの銀行口座に振込みしてくれます。※平日9:00から14:50までに手続きが完了した場合。

 

無人契約機で即時カード発行もできる

全国各地に設置されているモビットの「ローン申込み機」を利用すればその場でカードを受け取ることができます。事前にネットで申し込みをしておいても良いですし、ローン申込み機から申し込むことも可能。営業時間は設置場所によって異なるので、公式サイトから「ローン申込機設置場所検索」で調べておくと安心です。

 

条件や注意点

同じく条件は安定した収入を持つ人になります。またもう1点注意したいのが即日振込みキャッシングを利用するためには「三井住友銀行」or「三菱東京UFJ銀行」の普通口座を持っていることです。これら以外の口座の場合は即日振込みキャッシングには対応していません。

 

→モビット公式サイト

 

即日キャッシングにおすすめの銀行カードローン!条件や注意点をチェック!

 

次は即日キャッシングに対応している銀行カードローンを紹介します。上記した銀行系カードローン(消費者金融)と比べるとweb完結に対応しているところが少ないので注意が必要です。

 

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行ジャパンネット銀行

 

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは銀行カードローンでは珍しい無利息期間が用意されているのが最大の特徴です。また専業主婦の方でも申し込める配偶者貸付制度に対応しているのも嬉しいところ。

 

即日キャッシングまでの大まかな流れ

  1. パソコンやスマホなどインターネットから申込み
  2. メールまたは電話で審査結果の連絡
  3. 振込み手続き
  4. 最短60分で借入スタート

 

ジャパンネット銀行の口座を持っていないと即日融資は利用できないので注意!

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは講座をすでに持っていることが前提となります。口座を持っていない人は口座開設した後に振込みキャッシングを行うため、それなりの日数が必要です。

 

→ジャパンネット銀行ネットキャッシング公式サイト

 

即日キャッシングのデメリットはあるの?必ずしも利用できるとは限らない!

 

即日キャッシングのデメリット

 

即日キャッシングは特にデメリットが無いように感じられます。しかし、通常のキャッシングと比べてデメリットに感じられる部分も少なくありません。

 

中でも気になるのがハードルが決して低くはないことです。即日融資を受けるためにはいくつかの条件をクリアしていなくてはなりません。

 

  • 少なくとも平日14時までに申込みを完了させておかなくてはならない
  • 銀行カードローンによっては該当する銀行口座を持っていないと即日キャッシングが利用できない
  • 身分証明証の準備が必須
  • 一定額以上の借入を希望する場合、収入証明書を用意しておく必要がある
  • 無人契約機まで足を運んでカードを発行しなくてはならないこともある

 

やはりその日のうちにお金を借りる、というのは「そう簡単なことではないのだな」と感じさせられる内容ですね。特に初心者の方にとっては不安に感じられる部分もいくつかあるかもしれません。しかしひとつずつ丁寧にクリアしていけば大丈夫なので冷静に対処していきましょう。

 

→即日キャッシングおすすめランキング

 

即日キャッシングの流れはどこを選んでも大体同じ!事前に把握しておくと気持ちが楽になる

 

即日キャッシングの流れ

 

ここでは即日キャッシングを利用するまでの大まかな流れを紹介していきます。もちろん利用するカードローン業者によって若干内容が異なってくることもありますが、ほとんどは同じ流れでも進みます。詳しいことは各カードローン業者の公式ホームページを確認、担当者から電話がかかってきたときに確認してください。

 

ネットから申込み

パソコンやスマホを使ってネットから申込みするのが今の主流。手軽に利用できますし、わざわざ出かける必要もありません。また申込み自体はほんの数分で完了することがほとんどなので時間をかけられない人にもおすすめです。

 

必要事項を記入、送信

申込み画面で必要事項を記入していきます。例えば氏名や住所、職業、電話番号、メールアドレス…といったものが挙げられます。

 

ここで注意して欲しいのが絶対に虚偽の内容は記載してはならないことです。必ず後でバレます。もちろんバレたら審査落ち。

 

もう1点注意して欲しいのが会社によっては申込み画面で「即日融資希望」のチェックを入れる必要があることです。入力ページでは項目を見逃すことが無いように注意しておいてください。

 

電話またはメールで連絡

申込みが完了したら各カードローン会社から連絡が来ます。ほぼ電話がかかってくると考えて良いでしょう。この電話は申込みの確認、必要書類の提出方法の指示となります。

 

また電話がかかってきたときは「即日融資を希望しているのですが…」と一言添えておきましょう。即日融資希望者を優先して審査するところもあるからです。

 

必要書類の提出

本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)が必要書類になっているところがほとんどです。一定の借入額以上を希望する場合は収入証明書の提出が必要になることもあります。

 

ほとんどはスマホやデジカメなどで撮影し、アップロードして提出、という形になります。しかし中にはアップロードの提出に対応していないところもあり、ファックスで送らなくてはならない場合も。このあたりも電話がかかってきたときに確認しておいた方が良いかもしれません。

 

在籍確認

勤務先に「本当に在籍しているのか」を確認する電話をかけます。必ず個人名でかけてくるので周りの人たちにキャッシングの在籍確認だとバレる心配はほぼありません。

 

もし申込み者自身が電話に出ることができなくても、周りの人が電話に出て、申込み者が不在であることを伝えればそれで在籍確認はOKです。

 

審査結果の連絡

電話またはメールで審査結果が伝えられます。早いところだと申込み後30分程度で審査結果が出るところも。

 

無事審査に追加していたら、具体的なキャッシング方法などについて確認することをおすすめします。

 

キャッシング

マイページにログイン、自分の口座あてに振込みキャッシングの手続きを行います。遅い時間になると即日キャッシングに対応できない場合があるため、できるだけ早い時間(できれば14時以前)までに済ませておきましょう。

 

もしも銀行の営業時間である15時以降に契約が完了した場合は無人契約機に足を運んでカードを発行してもらいましょう。ほとんどの無人契約機は20時や21時といった遅い時間まで営業しています。

 

カードを受け取る際に、身分証明書の提出が求められることもあるので運転免許証などを用意しておきます。カードさえ手に入れば、銀行ATMや提携コンビニATMからすぐにキャッシングができます。

 

書類やカードの受取

後日自宅宛にカードと契約書類が郵送されます。基本的に周囲の人たちがみてもばれないように送ってきてくれるので、家族にバレる心配はありません。ただし中を見られてしまうとさすがにバレますが…。

 

もしも自宅に書類やカードが送られてくるのが嫌な方は店頭窓口で受け取るように担当者に伝えておきます。ほとんどのケースで対応してもらえるでしょう。
カードローン会社によっては書類に必要項目を記入、返送しなくてはならないことがあるので一通りきちんと目を通しておきましょう。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ