条件別のランキングなども掲載。カードローンをお考えの方は必見です。

銀行系カードローンランキングへ

収入証明ってなんですか?

収入証明書とは文字通り、ご自身の収入を証明する公的な書類です。
一般に、収入証明できる書類には下記のものがあります。

 

源泉徴収票(写し)
課税証明書(写し)
直近2ヶ月の給料明細(写し)
確定申告書【個人事業主の場合】(写し)

 

源泉徴収票とは

サラリーマンの方ならおなじみかも知れませんね。源泉徴収票では所得の確認ができる以外にも、職場に在籍している証明にもなります。キャッシングの審査ではほとんどの場合が源泉徴収票を求められます。これは会社から年度末に渡されているので、キャッシングに限らず大切に保管しておきましょう。

 

課税証明書とは

課税証明書は住民税にどれだけ納めているかを証明するものがあげられます。住民税は昨年元旦から12月31日までにあった所得に対して決められるものなので、所得金額も載っています。このため収入証明書としても公に利用できます。

 

直近2〜3ヶ月分の給料明細について

これは会社から毎月渡されている給与の明細書のことです。ここには勤務している会社の名前、氏名、年月が記載されています。証明書として使うには直近三ヶ月以内のもので最低二ヶ月分必要になります。賞与明細もある場合はそれも添付すると一緒に年収額として考慮されます。

 

確定申告書について

確定申告の時期に作成する書類のことで、個人事業主や法人、一定額以上の副収入があった人が提出するものです。キャッシングの審査において確定申告書(写し)を求められるのは、ほとんどが個人事業主の方の場合です。

 

基本的には50万以下の少額借り入れに関しては、収入証明書は提出不要です。しかし場合によっては所得証明書を提出するように求められることもありますのでできれば用意しておいた方が万全です。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ