新入社員でもキャッシングすることはできるがハードルは高め!消費者金融系がオススメ

銀行系カードローンランキングへ

勤続年数のほとんどない新入社員がキャッシングできるのか?

新入社員のキャッシング

 

新入社員として働き始めると何かとお金が必要な場面が出てきます。スーツを新調したり、鞄を新調したり、飲み会などに頻繁に誘われたりもしますよね。また勉強のためにセミナーに参加するための費用が結構嵩んでしまうことも。
新入社員のほとんどは貯金などの蓄えはあまりないと思います。給料が入るようになれば段々生活の安定してくるのですが、最初のうちは何かとカツカツになりがち。

 

そこでお金を調達するためにキャッシングを検討している方もいらっしゃると思います。しかし、新入社員だとキャッシングの審査に通らないことがしばしば起こります。

 

勤続年数の短さがネック

キャッシングの審査では必ず勤続年数をチェックされます。当然新入社員は勤続年数が短いため、この点で審査に落ちてしまう可能性が高いです。

 

目安としては少なくとも半年、できれば1年以上の勤続年数が望ましいとされています。当然新入社員にとってこれをクリアするのは不可能ですよね。

 

もちろん勤続年数が短くても年収が高い、有名な企業で働いている、公務員など条件が良ければ審査に通る可能性はあります。

 

どうして勤続年数が大事なの?

キャッシングの申込み条件を見ると安定した収入のある人と必ず書かれています。つまり、毎月コンスタントに収入がある人でなければキャッシング契約は結べないことになります。

 

勤続年数が長い人ほど安定した収入の見込みがありますし、すぐに辞める可能性も低いですよね。つまりお金を貸す側からするとちゃんと返済してくれる、信頼できる人の目安として勤続年数を見ていることになります。

 

消費者金融系から検討してみよう

もしも新入社員がキャッシングを利用しようと思っているのなら消費者金融系のキャッシングをオススメします。

 

銀行カードローンは消費者金融と比べて審査基準が厳しく設定されていることが多く、勤続年数へのこだわりも強く出ています。そのため新入社員にとってハードルは高め。

 

消費者金融のキャッシングももちろん勤続年数をチェックしていますが、銀行カードローンと比べると少々ハードルは低くなっています。

 

借入希望額は少なめに

次に借入希望額ですが、本当に必要な分だけに留めるのが正解です。例えば最初が100万円以上の借入を希望してもなかなか審査には通りません。

 

終わりに

ということで今回は新入社員がキャッシングを利用する際の注意点について紹介してきました。ポイントをまとめると以下の通りです。

 

  • 新入社員は何かとお金が必要
  • 勤続年数の短さから審査に通りにくい
  • 銀行カードローンの方が勤続年数に厳しいので消費者金融をオススメ
  • 勤続年数が短くても有名企業や公務員なら審査に通りやすい

 

申し込む消費者金融によって審査の難易度も若干異なってきますが、大手ならそこまで大きな違いはありません。利用しやすいと思えるところに申し込んでみましょう。また事前に各公式サイトに用意されている仮審査を受けてみて、審査に通りそうかチェックしてみるのも大事です。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ