人気の銀行系以外のカードローンの利用について

銀行系カードローンランキングへ

中小のカードローンなどを利用する

テレビCMなどで頻繁に見かけるキャッシングは基本的に銀行系キャッシングとなります。しかしキャッシングは全て銀行系キャッシングというわけではありません。中には銀行系以外、いわゆるノンバンクの消費者金融もあります。銀行系以外のキャッシングを選ぶことにメリットとデメリットが存在しますのでチェックしてみましょう。

 

まず最初のメリットとしては審査が非常に通りやすいということです。銀行系キャッシングの場合は安定して収入がなければ基本的に申し込みをしても審査をパスするのは難しいですが、銀行系以外のキャッシングの場合だとパートやアルバイトなどの人でも審査をパスするチャンスが広がります。審査の内容が甘めというのは銀行系以外のキャッシングの大きな魅力の1つです。もちろん、使い道は自由ですし、返済する日などは自分で指定することができる場合が多いので柔軟な借り入れに対応しています。

 

金利や限度額などの違い

ただし銀行系以外のキャッシングを選ぶ場合はデメリットが存在していることも忘れずに。まず最初に挙げられるのは金利が高い傾向にあるということです。キャッシングの金利は法律によって上限が決められていますが、銀行系キャッシングは比較的金利が低めに設定されています。しかし、銀行系以外のキャッシングの場合はほぼ上限いっぱいに設定されていますのでどうしても利息が大きくなってしまいがちです。

 

また、もうひとつの大きなデメリットとして良いイメージが少ないという点が挙げられます。以前まで消費者金融は「サラ金」と呼ばれており、キャッシングを利用することの危険性ばかりが有名になっていました。現在では無理な取り立てなどはありませんが、注意しておかないと悪徳業者やヤミ金に当たってしまう可能性もあるので注意が必要です。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ