キャッシング費用 自社ATM 提携ATM どちらがお得?

銀行系カードローンランキングへ

意外とバカにならないATM手数料

キャッシングをする際に掛かる費用、考えた事があるでしょうか?基本的にはキャッシングをする際に掛かる費用は、契約時に印紙代が引かれる場合を除きありません。
申し込みに掛かる費用もありませんし、事務手数料も掛からない様になっているのが今のキャッシングの実情になります。しかし契約後に掛かる費用があります。それはATMを利用する際に、各会社が定めた時間以外に取り引きをする時に、一定の基準の元に引かれている手数料です。

 

自社ATM 提携ATM
銀行 108〜216 108〜216
消費者金融 0 0〜216

 

現在大手消費者金融会社では、私達の身近な存在であるコンビニATMと提携しています。つまり24時間契約した金額内であれば入出金が可能な訳ですが、利用するコンビニにより手数料が発生する場合があります。
Aという消費者金融でキャッシングをして、BというコンビニのATMでお金を引き出そうとした際に、1万円までなら108円で1万円以上なら216円などという、各コンビニATMや消費者金融とコンビニの間で取り決められた手数料が借りるお金と同時に引かれているのです。

 

消費者金融は利便性を考えてあらゆる金融機関と提携をしますが、これは今では当たり前の事になっています。利用する側にとってどこにでもあるコンビニで、自分の都合に合わせて借りたり返せたりするのは非常に便利が良く、メリットとしては多くのものがあります。しかしコンビニ側は消費者金融との間で、提携するのは良いが代わりに手数料をもらいますという契約をするのが当然となります。その手数料も利用者が多い程、コンビニ側にとっては大きな収入となるのです。また手数料はお金を借りる場合だけではなく、返済する場合にも掛かるようになっていて借りるのと同様の金額が引かれてしまいます。

 

一回の費用は安いが侮る無かれ!

お金を借りるのは1回と考えても、返済は毎月やってくるので回数を重ねればかなりの金額の手数料を支払う事になるのです。仮に1回利用する手数料が108円だと考えても、1年で1296円もの利用手数料を支払う事になり5年完済の契約だと約7000円近いお金を無駄に支払う事になってしまうのです。そんな背景からキャッシングに掛かる費用として提携ATMの手数料が掛かりますが、同じATMでも手数料の掛からないATMがあります。

 

それは消費者金融会社のATMで、大手の消費者金融であれば無人契約機と隣接する形で設置されています。この自社ATMを利用するのには入出金に関わらず手数料は発生しまん。なので利用するなら自社ATMが断然お得なのですが、コンビニほどの数は当然ないので利用する時はわざわざそこまで足を運ぶという点が、使い勝手が悪く利用者の中ではコンビニの提携ATMに足を運ばせてしまう結果となります。

 

この様に意外と気にしていないATMの利用手数料ですが、金融会社との付き合いが長引くほど大きな差を生んでしまうので、月に1回は自社ATMへ行く事を計画的に立てて利用する事が賢いATMの使い方と言えます。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ