カードローンの申し込み書類には正直に正しい情報を記載しましょう!

銀行系カードローンランキングへ

必ずバレる?虚偽の申告

虚偽の内容を申告するのはやめましょう

「今の自分の条件で審査に通過することができるのだろうか?」と、カードローンの申し込みの際に不安を感じる人も多いようです。また中には審査を少しでも有利にしようとして、虚偽の内容を申告する人などもいるかもしれません。ただし実際には虚偽申告をしてもカードローン会社にはすぐにバレてしまうのです。審査の際には申込者の属性などが確認されますので、虚偽の申告があればすぐにわかってしまいます。担保や保証人などが不要であり、申込者の信用に基づいて融資が行われるのがカードローンです。

 

虚偽の申告を行うと信用がゼロと判断されてしまいますので、融資を受けることはできません。多少条件が悪くても正直な内容を申告することをおすすめします。審査のハードルはカードローン会社ごとに異なるのですが、条件が多少悪くても融資が受けられるカードローン会社は存在しますので、正直な内容の申告を心がけましょう。自分の条件で融資が受けられるかどうか不安だという人には、インターネット上で利用することができる無料診断などを試してみることをおすすめします。またカードローン会社が設置しているフリーダイヤルなどで直接オペレーターに相談してみるのもよいかもしれません。

 

名前や年齢の虚偽申告について

名前や年齢をごまかしてカードローンに申し込む人がいるようですが、そのようなことをしてもほぼ100%バレてしまうことになります。カードローンに申し込む場合には身分証明書の提出が必要になりますので、申し込みの内容と身分証明書の内容に違いがあればその時点で融資を受けることはできなくなってしまいます。名前や年齢をごまかす人は個人情報をカードローン会社に知られたくないと考えていることが多いようです。ただし実際にはカードローン会社は申込者の個人情報は社内において厳重に管理しますので、個人情報が外部に流出してしまう心配は必要ないのです。あなたのプライバシーはしっかりと守られますので、申し込みの際には名前や年齢は正しく申告してください。

 

勤務先や年収の虚偽申告について

また勤務先や年収をごまかしてカードローンに申し込む人もいます。カードローンは無職だと利用することはできませんので、無職の人などの場合には前の勤務先の名前で申し込む場合などもあるようです。ただしカードローン会社では審査の際には勤務先への在籍確認を行いますので、虚偽の申請をしてもすぐにバレてしまいます。在籍確認については会社に電話がかかってくることに抵抗があったり、周囲の人にカードローンに申し込んだことを知られてしまうのではないかと心配だったりする人もいるかもしれません。

 

しかし勤務先への在籍確認の場合にはカードローン会社は個人名で電話をしますので、あなた以外の人が電話に出てもカードローン会社からの電話であることを知られることはありません。また年収をごまかした場合についても借入金額が大きい場合にはすぐにバレてしまいます。借り入れ希望額が50万円以上の場合には、ほとんどのカードローン会社では収入証明書の提出を求めるのです。申告の内容と収入証明書の内容とが一致しなければ、やはり信用が疑われて審査に通過することはできないということになります。

 

借入先などの虚偽申告について

既に複数のカードローン会社からの借入を行っている人の場合には、審査で不利になることを怖れてこれを隠そうとすることが多いようです。しかし他社からの借入についてもやはり審査ではすぐにバレてしまうのです。カードローン会社では審査の際には個人信用情報機関に借入情報などの照会を行います。個人信用情報機関はカードローン会社が共同で運営しているデータベースであり利用者の借入状況などが登録されていますので、これに照会を行えば利用状況などを簡単に把握することができるのです。借入先などについて虚偽申告を行ってもすぐにバレてしまいますので、正直にありのままを申告することをおすすめします。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ