あせって連続のカードローン申し込みは危険

銀行系カードローンランキングへ

カードローンの連続申し込み

申し込みブラック

カードローンの申し込みを行った場合には、「カードローンに申し込んだ」という履歴が信用情報機関に登録されることになります。具体的には「いつ、どのカードローン会社に対して申し込みをしたのか」ということが記録されるのです。申し込みを受けたカードローン会社は審査の際に信用情報機関に対して情報の照会を行いますので、皆さんがこれまでにどのカードローン会社に申し込んだのかはすぐにわかってしまうのです。信用情報機関には直近の半年間における申し込み情報が記録として登録されます。
カードローン会社では信用情報機関に登録された情報を審査の際の判断材料にしているのですが、申し込み情報については特に厳しくチェックをしているのです。短期間の間に複数の申し込みをしている場合などにはいわゆる「申し込みブラック」となり、審査に通過することができなくなってしまいますので注意が必要なのです。

 

申し込みブラックとは何でしょうか?

複数のカードローン会社に対して短期間の間に借入を申し込んでいる状態が「申し込みブラック」です。友達などから借金を申し込まれた場合に、その友達があちらこちらで借金の申し込みをしている状態であればみなさんはどう思うでしょうか。これはカードローン会社も同様であり、短期間に複数の借入を行っている人に対しては慎重に判断を行うことになります。「お金に困っているのではないか?」「借入を断られるような理由があるのではないか?」などと警戒されてしまいますので、「申し込みブラック」の人は他の条件などに問題がなくても審査に通らなくなってしまうのです。安定した収入があって過去に延滞の履歴などがないのにカードローンの審査に落ちてしまったという人の場合には、「申し込みブラック」が原因なのかもしれません。

 

短期間に複数の申し込みをすることは控えましょう

短期間に複数の申し込みをする人の場合には、確実に借入をしたいと考えていることが多いようです。今すぐにお金が必要であるため、A社だけでなくB社やC社などにも申し込みをしておけば確実だろうと考えて、ついつい多重の申し込みをしてしまうことになります。しかし実際にはそれが原因で「申し込みブラック」になってしまうため、本来であれば借入ができるはずであっても審査に落ちてしまうことになります。短期間に複数の申し込みをしないということが「申し込みブラック」を避けるためのポイントです。短期間というのがどのぐらいの間なのかについてはカードローン会社ごとに判断が異なるようですが、ほとんどの場合には1ヵ月以内の間に複数の申し込みがあると問題になるようです。また申し込み件数についても同様に判断が異なるのですが、3社以上への申し込みを行うと「申し込みブラック」になってしまう場合が多いようです。お金がすぐに必要な場合などには慎重な判断が必要になります。カードローン会社が用意している簡易審査などのサービスを活用してみましょう。簡易審査は基本的な情報に基づいて借入の可否を判断することができるサービスであり、これを利用した場合であっても信用情報機関に登録される心配はありません。簡易審査については気軽に試してみることをおすすめします。また一度カードローン会社の審査に落ちてしまったという場合には、すぐに次の申し込みをするのではなく、ある程度の期間を置いてから改めて申し込むようにするのがよいでしょう。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ