銀行系カードローンも総量規制の対象になるの?

銀行系カードローンランキングへ

銀行カードローンは総量規制対象外だが銀行系カードローンは総量規制対象内

総量規制

 

カードローンやキャッシングを利用する際は総量規制によって借入上限額がある程度決められてきます。
総量規制を簡単に説明すると、年収の1/3まで借入しても良いという内容となっています。例えば年収300万円の人は総量規制によって100万円までしか借入できないことになります。
どうして総量規制が存在するのかというと、生活に負担を掛けない返済プランを建てる上で年収の1/3以上の借入があると厳しくなってしまう…という考え方から生まれました。
お金を借入するなら金利の低い銀行カードローンが良いと言われていますが、銀行系カードローンも選択肢に含まれてくると思います。

 

銀行系カードローンに総量規制は関係するのか?

銀行系カードローンは

 

 

といったものが挙げられます。これらは銀行グループ傘下にある消費者金融ですね。そのことから銀行系カードローンと言われています。

 

銀行系カードローンは消費者金融に分類されるため、総量規制適用となってしまいます。つまり、プロミスやアコム、モビットは年収の1/3までしか借入することができないことになりますね。

 

銀行カードローンなら総量規制を気にしなくても大丈夫

一方で、銀行が提供しているカードローン、例えば

 

 

と言ったものは総量規制の対象外となります。その理由は、総量規制は貸金業法だからです。これらの銀行から提供されているカードローンには銀行法が適用される形となります。

 

なので、年収の1/3を超える借入を希望する場合は上記したような銀行カードローンを選ぶのが良さそうです。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ