銀行カードローンの利用履歴などもマイナンバーに紐づけされるのか?

銀行系カードローンランキングへ

マイナンバーとは?いまいちよくわからない人も多いはず…

マイナンバーとカードローン

 

マイナンバーは、個人番号と呼ばれ、日本国民全員に割り当てられる、12ケタの背番号のようなものです。これにより個人の識別が容易になり、行政の手続きなどが簡易になるメリットがあります。確定申告なども、個人番号カードを作っておけば、インターネット上で完結させることができるようになり、とても便利です。

 

平成27年10月から個人あてに、「通知カード」が送られ、これを役所に持っていくと、「マイナンバーカード」に変えることができます。個人番号カードにはICチップが埋め込まれ、身分証明書としても使えるようになります。

 

一方で、マイナンバーにより収入などが行政にも筒抜けになるのでは?と心配する声も少なくありません。プライバシーがなくなる、秘密がバレるといって、ずいぶん反対運動が起こり、今でも受け取りを拒否する人がいます。確かに、後ろめたいことをしていなくても、自分の個人情報がバレるのは気分が良くありませんよね。

 

キャッシングなど、秘密にしたいことがあればなおさらです。この記事では、マイナンバーからキャッシングがバレる可能性があるのか、お伝えしていこうと思います。

 

マイナンバーカードの申請は絶対必要?

結論から言うと、マイナンバーカードは必ずしも申請を必要とするものではありません。現時点では、マイナンバーカードを申請しなかったからと言って、特別不利益をこうむることもないようです。ちなみに、マイナンバーカードの申請は、通知カードと一緒に送られてきた、個人番号カード交付申請書を役所に提出するだけで完了します。

 

マイナンバーと銀行口座の紐づけ

マイナンバーと銀行口座

 

所得の公平性を保つというのは、マイナンバーの本来の目的の1つです。2018年から任意申請、2021年には義務化の可能性があります。銀行口座とマイナンバーの紐づけによって、脱税などの違反行為が減り、透明性は高くなります。国内の銀行は紐づけによって、どこにいくら資産があるかは、ほとんどバレるようになると言われています。複数の口座を持っていたり、複数の銀行に預けていても、バレる時代がやってきます。
海外口座に入れておけば良いという意見もありますが、国内口座に移ればすぐにバレることになります。海外送金や入金に関する法律も変更が加えられています。資産を隠しきるのは至難のわざかもしれませんね。

 

ちなみに、ビットコインなどの仮想通貨をウォレットに入れておけば大丈夫だという噂が流れたことがありますが、仮想通貨も資産として税収の対象になることが決まりました。結局、マイナンバーが施行された場合は、銀行口座との紐づけから、逃れるすべはないようです。

 

マイナンバーにカードローン利用情報がのる?

マイナンバーは行政のシステムであり、カードローン利用情報を管理している団体とは別のものです。つまり、借金をした、キャッシングをしたという情報がマイナンバーと直接ひもづくことはありません。

 

 

マイナンバーでカードローン利用がバレるか心配

家族

カードローンですが、マイナンバーのせいで家族にバレることはありません。ただし、いくつか注意しなければ、バレる可能性があります。一番バレる可能性が高いと言われているのが、郵送物。これはマイナンバーとは関係ないものですが、郵便の開封を家族に任せている場合は、一緒に開けられてしまう心配がありますね。

 

また、こちらもマイナンバーとは直接関係ありませんが、長期の税金滞納による差し押さえの場合は、家族にバレる可能性があります。口座が差し押さえされると、通帳に「差し押さえ」の印字がされるため、記帳すればすぐに分かってしまいます。

 

会社

会社には、キャッシングがバレる心配はほとんどありません。もしバレるとすれば、キャッシングの返済を延滞したときです。たとえば、連絡先の優先順位は、申請時に決めることが多いのですが、そこで会社の優先順位を高くしてしまった場合には、そちらに電話がかかってしまいます。心配であれば、いま一度申請時の優先順位を見直した方が良いでしょう。

 

また、携帯電話や家の電話番号を優先することにしていても、しばらく連絡がつかなければ、個人名で職場に電話がかかってきます。また、家族にバレる時と同様に、税金の滞納などがあった場合には、そこからたどっていってバレることもあります。

 

いずれにせよマイナンバーとキャッシングが直接関係しているわけではないので、注意をすればバレることは防げます。

 

マイナンバーでキャッシングって出来る?

マイナンバーは、身分証明書として使うことができるため、キャッシングに使うこともできます。ただし身分証明書として使用できるか、その対応は銀行によってまちまち。現時点でキャッシングできない業者もまだあります。

 

ちなみに通知カードは単独で身分証明書として機能せず、それだけでは申請ができません。もし通知カードを使用したい場合には、免許証やパスポートなどの身分証明書と合わせて使用することになるでしょう。詳細は各金融業者のページをチェックしてください。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ