銀行系カードローンなどの保証会社について解説

銀行系カードローンランキングへ

保証会社とは

銀行などが行うフリーローンなどで、どうやって収益を維持していくのかと簡単に申しますと、自行などで低利で得た資金を、再度民間に貸し出して金利で利益を得るというのが、彼ら銀行などが行う社会的な役務と言うべき所です。事業融資などでは、不動産などを担保にして、事業拡張の手助けなども行うことも社会的な役務と呼べますし、銀行だけに限らず、地域密着型の地元の企業に対して、事業融資などを行ったりする社会的な役務を行っているのが、信用金庫ということになります。

 

無担保型で格安なローン金利

では、銀行などが行うローンなどには低金利で貸し出しを行うローンというものも存在します。これで最も身近なものでは定期預金をしているからであれば理解が簡単なのですが、キャッシュカードでどんどんお金を引き出していっても、ゼロを超えてマイナスまでお金が出てくる状態で総合口座に定期預金も組み入れておけば、定期預金の担保率を超えるまでは、低利で貸し出しますよというシステムからそういうことが起きるのです。そして、これが担保型のローンの原型とも呼べるのです。

 

では、無担保型で格安なローン金利で提供されていると言うのは、具体的には、「銀行のオートローン」と言うローン商品の名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。これは、銀行が低利で用立てた資金を、自動車を購入する際に消費者に用意した低利なローンの代表格ですが、担保は不要なのですが、低金利貸し出しの他に、保証会社に対する保証料を信販系の会社が保証業務をしてもらい支払うと言うことになります。借り入れ金額に対しての1パーセント程度の保証料ですから、オートローンとしては非常に低利だともいえます。なぜ、保証料も安く提供できるかと申しますと銀行の低利ローンに目を向ける層は、金銭感覚がしっかりしているので、遅延や未払いによる集金事故が極端に低いためにこのような低率の手数料が実現したということになります。

 

消費者金融会社のノウハウ

そして、銀行で今一番、宣伝などで推進してきているのが、フリーローンのキャッシングの分野です。このフリーローンの無担保型のキャッシングは銀行側の料率も高いですし、集金保証業務をしているのは、消費者金融会社の場合が多いです。景気低迷の中、企業のから回収効率が良いとされる資金需要は減りつつあり、銀行として収益の柱として狙いを定めてきたのですが、いかんせん銀行には無担保で現金を個人にリテールするノウハウが無く、総量規制などで力を弱めてしまった消費者金融のノウハウは双方にとって、提供する側と提供される側で利害が一致したからなのです。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ