結婚資金はどれくらい必要?ご祝儀でまかなうことはできる?

銀行系カードローンランキングへ

結婚資金ていくら掛かるのかな?気になるブライダルローン解説

結婚資金が足りないかも!?ブライダルローンに頼るべき?結婚資金に関する情報のまとめ

 

結婚式は一生の思い出となる大事な儀式です。そのためより良いものを目指すために全力で取り組むビッグイベント。

 

ちなみに結婚式の平均費用は約340万円前後だと言われています。もちろんどれくらいの規模で行うのか、どういった演出を取り入れるのかによって金額が前後するので一概には言えません。もっと安く済ませよう!というのならシンプルな挙式を徹底すればOK。しかし、せっかくの結婚式を妥協したくないという方も多いでしょう。

 

とはいえ平均340万円前後もの結婚資金を簡単に用意できるかと言えばやっぱり難しいですよね。さらに言えば、結婚式自体だけでなく、新婚旅行や新生活の準備費用などさらに費用が必要となってきます。

 

「そんな大きなお金を準備することができない!やっぱり結婚式は無理なのかな?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、これをサポートしてくれるブライダルローンなどのサービスも存在していることを忘れてはいけません。

 

今回は結婚費用に関するあれこれについて紹介していきます。

 

結婚費用は前払いが基本!ご祝儀とは別に準備しなくてはいけない

結婚費用で最も大きな物は「挙式・披露宴」となり、平均額は340万円前後。ここにさらに結納や結婚指輪、新婚旅行費、お土産代…といった細々とした費用を足していくと総額600万円前後の費用が必要だと言われています。

 

中には「ご祝儀である程度カバーできるのでは?」と考えている人もいると思います。確かに、ご祝儀の平均額をみると220万円前後になっているようです。また親や親族からの援助の平均額が180万円程度。つまりだいたい400万円くらいは援助総額として考えられることになります。

 

となると、大体結婚式に必要な費用のうち200万円くらいは自分たちで準備する必要があると考えなくてはなりません。

 

これだけでも少し頭の痛くなる話なのですが、厄介なことに結婚費用は基本的に前払いが原則となっています。ご祝儀をもらうのは式当日。1週間前くらいまでに費用を支払っておかなくてはならないため、到底間に合いません。

 

定番のブライダルローンを検討してみる

ブライダルローンは名前の通り結婚に関する費用のためのローンになります。結婚式の費用はもちろん、結婚指輪の購入費用や新婚旅行の費用にも利用可能です。銀行や信販会社が取り扱っているケースがほとんどとなっています。

 

金利が低いのが何よりも魅力的!

例えば消費者金融のカードローンを見てみると、金利14.0%〜18.0%前後に設定されていることが多いです。しかし、ブライダルローンの金利は低めに設定されていることが多いです。

 

例えば千葉銀行のブライダルローンなら5%〜5.2%、十六銀行は4.075%〜4.575%、JACCSは8%…といった具合です。

 

またみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行はフリーローンをブライダルローンとして活用することを認めています。

 

ご祝儀で繰上げ返済ができることがほとんど

ローンは金利も大事ですが、借入期間もまた重要です。いくら金利が低くても、借入期間が長くなってしまうと膨大な利息が発生することになります。

 

そこで検討したいのが「繰上げ返済」です。これはお金に余裕があるときにまとめて返済する、というもの。単純に借入期間を短くてきます。

 

結婚式の1週間前までにブライダルローンでお金を用意しておき、当日にご祝儀をもらう。あとは繰上げ返済で一気に借金を返済することができるように設定されているところがほとんどなので安心です。

 

ただし審査は厳しめ!

低金利が魅力のブライダルローンですが、審査の内容は厳しいとも言われています。年収、勤続年数、さらには過去のローン状況なども細かくチェックされます。銀行や消費者金融のカードローンと比べてもかなり難易度は高めだと考えておくべきです。

 

使い道が限定されているのも注意

また注意しなくてはならない点のひとつに結婚関連のみ使用可能が挙げられます。もしも結婚関連以外にもお金を使いたい!と考えているのなら、ブライダルローンではなくフリーローンを検討するべきです。ただしブライダルローンと比べると金利は若干高めになっているので注意しておきましょう。

 

審査に通らないときはカードローンを検討しよう

上記したように審査がなかなか厳しいのがネックのひとつになっています。そのため条件によっては審査に通らないこともあるでしょう。

 

その時はカードローンの検討も必要になってくるかもしれません。簡単な手続きで借入ができ、消費者金融なら即日借入に対応しているところがほとんど。

 

「振込み期日までにブライダルローンを組むことができなかった!」といった場面でも心強い存在となってくれると思います。

 

ただし金利は高めなのでできるだけ早くご祝儀を使って繰上げ返済を行うように注意しておきましょう。

 

終わりに

結婚式を挙げるのはお金も、時間も、手間も必要です。そのためバタバタすることも多いでしょう。よくある話が「結婚資金の見積りが甘くて、結局足りなかった」というもの。こういった状況に陥ってしまわないためにも、資金は余裕を持って準備できるように心がけたいものです。ブライダルローンを活用するときも、本当にその金額の借入で十分なのかをしっかりと吟味したいところです。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ

関連ページ

マイナス金利はカードローンに影響を与える?もしかして金利が安くなったりする?-おすすめ銀行系カードローン比較
マイナス金利が住宅ローンに影響を及ぼす?住宅ローンの金利が下がる今がチャンス!-おすすめ銀行系カードローン比較
過払い金請求は弁護士?行政書士?
過払いは今もある?
過払い金請求の時効
極度額と限度額の違い
新入社員のキャッシング
信用情報に傷が付くのはどんなとき?
キャッシングトラブルの相談先
銀行カードローンのレディースキャッシング
AI(人工知能)が審査
葬儀費用を借りることはできる?
追証(おいしょう)のためにキャッシング
カードローン利用者
武富士が倒産した理由
分割払いとローン払い
利用履歴が影響するもの
キャッシングの利用は確定申告で減税することはできる?基本的に減税は不可と考えるべき
新生銀行が危ない!?
ゆうちょ銀行と銀行は何が違うの?メリット・デメリットのまとめ
おまとめローンの後に過払い請求をするべき?どんなメリットが得られる?
銀行と名の付くものを徹底解説!メガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、ゆうちょ銀行…それぞれの違い、メリット、デメリットのまとめ
リクルートが中小企業向けの金融事業をスタート!果たしてその思惑とは?
銀行・消費者金融以外のカードローンには何がある?労金、JAのカードローンの違いとは?
確定拠出年金のメリットやデメリットは?節税効果はどのくらい期待できる?
最もメジャーな仮想通貨の「ビットコイン」って何だろう?仕組みや利便性を徹底解説
耳にする機会が増えてきたFinTech(フィンテック)って一体何?これからに備えて仕組みを知ろう!
ヘリコプターマネーが来る!?その効果とリスクはどのようなものが予想されるのか
準備通貨、基軸通貨とは?どうして人民元が準備通貨として増加することが予想されている?