銀行系カードローンランキングへ

プロミスでお金をスムーズに借りる方法

プロミスでお金を借りる

 

プロミスでお金を借りてみたいと思っても、

 

どうすればお金を借りることができるのか?

 

消費者金融を利用した事が1度もなければ、分からないのも無理はありません。

 

まずは、クレジットカードと同じでプロミスに申込をする必要があります。

 

そして、審査に通過すると、銀行振込やATMでお金を借りることができるようになるのです。

 

しかし、申込方法はいくつかありますし、お金を借りる方法もまた1つではありません。

 

そこで、今回はプロミスでお金を借りるための申込方法と、お金の借り方にはどんな方法があるのかを紹介してきます。

 

自分にあった申込方法とお金の借り方が事前に分かれば、判断しやすくなるでしょう。

 

気になる人はぜひ、選ぶときの参考にしてみてください。

 

プロミスの借入申込方法は4つ

プロミスは主に4種類の申込方法があります。

 

これだけ申し込む方法があるとかえってどれで申し込むべきか悩んでしまう人もいるでしょう。

 

申込の特徴をいくつか解説していきます。

 

申込方法 受付時間 詳細

Web申込

24時間365日対応

Webだけで契約まで完結

来店申込

店頭窓口:10:00〜18:00(平日)
契約機:9:00〜22:00

自動契約機か店頭窓口へ来店して申込み

プロミスコール申込

9:00〜22:00まで

電話による申込

郵送申込

インターネットまたはプロミスコールから申込書を取寄せ

契約書類・カードが自宅に郵送される

 

普段働いている人は公式サイトからの申込みがおすすめです。

 

ちょっとした空き時間で対応できるうえ、最も時間がかかりませんし、スマートフォン1台で申込・審査・契約までの一連の手続きが全て対応できるからです。

 

スマートフォンや携帯電話の操作に不慣れな人は、自動契約機かプロミスコール(電話)がいいでしょう。

 

自動契約機はタッチパネル操作でATMが使える程度ならば十分に分かります。

 

特かく初めてで不安の方が大きいのであれば、プロミスコールにかけて申し込むのがいいでしょう。

 

プロミスWeb申込み

 

プロミスからのお金の借り方

プロミスを利用できるようになったら、実際にどうやってお金を借りるのか?そのやり方は大まかに「店頭窓口」「ATM」「銀行振込」の3パターンあります。

 

どれも審査に通過すればすぐに利用可能になりますが、どの借入方法が自分にとって適切なのかが分かるよう分かりやすく解説していきます。

 

  • 自分の口座への振込みで借りる
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)で借りる
  • プロミスATM利用で借りる(カード発行)

 

自分の口座への振込みで借りる

プロミスにお願いをすると銀行振込で自分の口座に入金をしてもらえます。

 

プロミスコール(電話)と会員ページ(Web)の2通りの依頼方法があります。

 

プロミスの銀行振込は、ほとんどの金融機関の口座が24時間365日いつでも最短10秒で振り込んでもらえます(瞬フリ)。

 

土日・祝日関係なく即振り込んでもらえて、外出していようがスマホ1台でお金をすぐ借りられるのでとても便利です。

 

瞬フリ対応の主な口座
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • りそな銀行

 

24時間即時入金の対応可能な口座は「瞬フリ」に対応していますが、みずほ銀行、セブン銀行、イオン銀行は残念ながら即時入金未対応です。

 

このような銀行口座は、平日14:50までに振込依頼をすれば即時入金されますが、それ以外の時間帯や曜日は、銀行の翌営業日に振込が実施されます。

 

店頭窓口(お客様サービスプラザ)で借りる

プロミスの本支店に直接行って、振込をお願いすることもできます。

 

ただし、お店の営業時間は平日18時までとなっていますから、日中仕事がある人にとっては不向きでしょう。

 

店頭窓口
営業時間 10:00〜18:00(平日のみ)
休業日 土日、祝日

 

気になることは直接質問できますから、もし、近所にプロミスの営業店舗があるならば利用してみるのはいいでしょう。

 

プロミスATM利用で借りる(カード発行)

プロミスはATMでお金を借りることができます。銀行のキャッシュカード同様にプロミス用のカードを発行しておく必要があります。

 

契約時に「カード不要」を選んだ人は原則利用はできません。

 

しかし、プロミスの公式スマホアプリをインストールすれば、セブン銀行ATMで、カードを使わずスマホでお金を借りることができます。

 

ATMは、プロミスの自社ATMと三井住友銀行のATMが手数料無料で利用できます。

 

その他提携ATMは手数料がかかりますが、大手コンビニのATMはもちろんゆうちょ銀行など、ほぼ全国どこにいても利用可能です。

 

プロミスの主な提携ATM
  • ゆうちょ銀行
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • E.net※

※ファミリーマート、ミニストップなどに設置

 

取引額 借入時 返済時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

 

みずほ銀行、セブン銀行などのプロミスの瞬フリに対応していない口座を使う場合は、平日15時以降や土日祝日は、お金をすぐに借りることができません。

 

ATMが使えれば近所でお金を借りることができますし、返済するのにも使えますからカードを発行しておくといいでしょう。

 

すぐにお金が必要なときの理想的な借り方

プロミスには4種類の申込方法があると説明しましたが、すぐにお金を借りたい場合は次の方法が最も手間がかからず最短の手続きでプロミスが利用可能になります。

 

  1. 公式サイトで申込(WEB申込)
  2. 審査
  3. 契約
  4. 自動契約機でカード発行

 

瞬フリに対応している口座ならば、契約後すぐにお金を借りることができますし、平日14:50までならば全金融機関の口座で即入金してもらえます。

 

仮に、15時以降になったとしても、自動契約機が22時まで開いていますので、仕事帰りに立ち寄ってカード発行することは十分可能でしょう。

 

審査は申込が完了したら即実施されます。

 

ポイントは、スマホやパソコンから申込を済ませておき、できるだけ早めに審査を終わらせておくことです。

 

まとめ

プロミスのお金の借り方について紹介をしてきました。

 

プロミスの申込方法はいくつかありますが、悩むようでしたら次の基準で申込を検討してみてはいかがですか。

 

  • 最も手軽で簡単な申込は公式サイトから申し込む「Web申込」
  • PCやスマホ操作に不慣れな人・不安がある人はプロミスコールへ電話

 

また、プロミスは銀行振込とATMでお金を借りることができます。

 

どちらも使える状況にしておけば、曜日や日時に関係なくすぐにお金を借りることができるので利便性は他の消費者金融よりも優れています。

 

今すぐプロミスを利用したいと思った方は、5分程度で終わりますから公式サイトから手続きを済ませておくとよいでしょう。

 

 

プロミス

プロミス


 

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

 

審査時間 フリーター・パート レディース 即日振り込み
スピーディ審査
銀行グループ 実質年率 融資限度額 無利息期間
SMBCグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

銀行系カードローン詳細へ

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ