低金利銀行カードローン三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの特徴

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン


 

銀行カードローンによく見られるように金利が低く、限度額が高めに設定してあるところが特徴です。ローン契約機も設置してありスピーディに対応。大手の消費者金融に比べると少々、銀行系でもあるので見劣りするところもありますが、銀行カードローンの中ではスピーディで利用しやすい方です。
申込出来る人は安定した収入があれば大丈夫です。パートやアルバイトでも問題ないです。しかし収入がまったくない場合は申込ができません。

 

>>三井住友銀行カードローン詳細へ

 

三井住友銀行カードローンを利用するメリット・デメリット

三井住友銀行は3大メガバンクの一つにあたります。三井住友銀行カードローンは低金利であって、しかも限度額も高く、スピード対応。利用者にはうれしいサービスです。反面、デメリットなどあるのか気になります。三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットをピックアップしました。

 

三井住友銀行カードローンのメリット

低金利であること

業界で最も低い金利というわけでありませんが、4.0%〜14.5%で低いほうです。
消費者金融と比べると格段に低いです。金利は最大で18%もあります。

 

電話やローン契約機でも申込ができます。ローン契約機でカード作成から借入れまで一括で完了させることもできます。ローン契約機は土日祝日も営業していて9:00〜21:00(※契約機により営業時間、休日が異なります)まで営業。平日、仕事で忙しい人にも利便性が高いです。

 

手数料がかからないATMを多く利用できます

どこも自社のATM以外は高いので三井住友銀行は少しお得です。
セブン銀行、ローソンのATMも手数料なしでOKです。消費者金融では自社のATM以外は、だいたい手数料は105円〜210円ほどかかります。1回の利用で100円程度でも毎回、利用すると10日で1000円です。利息分と合わせると、支払いが増えるのでなるべく手数料がかからないコンビニのATMも利用したいです。

 

三井住友銀行カードローンのデメリット

振込みキャッシングサービスがないこと

借入れをするときに自分の指定する口座に振り込んでもらって融資を受けるというサービスがないです。

 

借入れをするときはATMを利用するかインターネットバンキング(ただし三井住友銀行の口座のみ)に限ります。

 

返済方法の選択肢が少ない

三井住友銀行の口座を持っていない人はATMを利用したり振込みにより返済することになります。
※返済のための振込み手数料は利用者負担になります。

 

口座引き落としも可能です(※口座を持っている場合のみ、インターネットバンキングは非対応)

 

サービスを利用するには口座が必要

以下のサービスでは三井住友銀行の口座を持っていないといけません。

 

  • インターネットバンキング
  • 返済での口座引落の利用
  • 公式サイトでの借入れの状況をチェック
  • 自動融資サービス(残高が不足した場合)

 

三井住友銀行カードローンはこんな人におすすめ

三井住友銀行のカードローンを利用するのにおすすめな人とは以下のような人です。

 

低い金利でスピード対応の銀行カードローンを利用したい人

最高で15%以下の金利でスピーディな対応といえば三井住友銀行カードローン。

 

三井住友銀行の口座があること

特に口座がないと利用できないサービス(※サービスを利用するには口座が必要を参照)が多いので口座を持っていれば便利です。

 

ATMの利用が多い人

三井住友銀行カードローンは提携しているATMの数は多いです。しかもATMの手数料は無料です。ATMを利用することが多い人にはおすすめです。

 

融資までの時間は?

審査回答時間やローン契約機の営業時間は土日祝日含めて、9:00〜21:00(※契約機により営業時間、休日が異なります)までです。あらかじめ若干、余裕を持って行動したほうがいいかもしれません。なぜなら審査には人それぞれ要する時間も違ったりします。遅い人で審査の回答が翌日以降となるケースもあります。また、郵送でカードを受け取った場合、カードが届くのに数日くらいかかります。

 

銀行系カードローン詳細へ

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ