カードローンの審査を徹底解析

銀行系カードローンランキングへ

仮審査と本審査の違いについて

仮審査と本審査

カードローンに申し込んだ場合には仮審査と本審査が行われるようです。仮審査と本審査にはどのような違いがあるのでしょうか。また本審査に通過するためにはどうすればよいのでしょうか。

 

仮審査は申し込みに基づいて機械が行う自動審査です。一方の本審査では仮審査の結果に基づいて、人の手によって申し込み書に記載された内容などの確認が行われることになります。仮審査では申し込みの内容に基づいて機械的に判断が行われますので、審査の手順を大幅に省力化することができるのです。実際の審査においてはこの仮審査の結果が大きく影響することになります。また仮審査の際には信用情報機関に対して個人情報の照会が行われますので、信用情報機関に延滞や滞納などの記録があればこの時点で審査に通過することはできなくなってしまうのです。信用情報機関に登録された情報などに問題がなければ、次は申込書に記載された内容などに嘘がないかどうかを人の手によって確認することになります。この確認作業が本審査なのです。

 

本審査ではどのような内容がチェックされるのでしょうか

仮審査に通過することができたのであれば、基本的には本審査についても間違いなく通過することができるはずです。本審査では申込書に記載された内容などに嘘がないかどうかの確認が行われることになります。本審査の中心となるのは勤務先への在籍確認です。申込書に記載された勤務先で本当に働いているのかどうかの確認を行います。通常は勤務先に電話をして、申込者が実際に在籍をしているかどうかの確認を行うことになります。申込者本人が電話に出ることができれば氏名と生年月日の確認が行われますし、また不在の場合や電話に出ることができない場合であっても、「ただいま○○席を外しております」などと回答があればそれで在籍確認はOKになる場合が多いようです。また借入の希望額が少額である場合には、勤務先でなく自宅に電話をして住んでいることが確認できればOKになることもあります。

 

勤務先への電話による在籍確認はどのように行われるのでしょうか

勤務先にカードローン会社から電話がかかってくることについては抵抗を感じる人もいるようです。また同僚などにカードローンに申し込んだことを知られてしまうのではないかと心配になるかもしれません。しかし実際にはそのような心配をする必要はありません。勤務先への電話確認の際には、カードローン会社の担当者は個人名で電話をかけてくるのです。「私は○○と申しますが、△△さまはいらっしゃいますか?」などとかけてきますので、電話に出た同僚にはカードローン会社からの電話だということはわからないのです。

 

>>カードローンの在籍確認の内容

 

本審査では借入限度額の判断が行われます

在籍確認に問題がなければ本審査に通過することができます。また本審査の際には借入限度額の決定が行われます。借入限度額については利用者の年収、これまでの借入状況、居住の形態(持ち家か借家か、家族と同居か一人暮らしかなど)に応じて判断されることになります。借入が初めての人の場合には小さな借入限度額からスタートすることが一般的なのですが、着実な返済の履歴を積み重ねればその後借入限度額を拡大することもできるのです。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ