銀行系カードローンランキングへ

労金とJAのカードローンはどう違う?それぞれのメリット・デメリットのまとめ

銀行・消費者金融以外のカードローンには何がある?労金、JAのカードローンの違いとは?

 

銀行や消費者金融以外のカードローンの利用を考えている、という方もいらっしゃいます。では具体的にこれに該当するカードローンはあるのか…と言えば「労金」と「JA」が挙げられます。

 

そこで今回は労金とJAのカードローンの違い、それぞれのメリット、デメリットについてまとめました。

 

労金のカードローン

労金は「労働金庫」の略称で、労働組合や生協が会員の金融機関です。ざっくりと言えば労働組合や生協の組合員向けの銀行、といったところでしょうか。実は一般の人でも利用可能なんです。

 

労金が提供しているカードローンサービスを「マイプラン」と言います。各地域によって名称が異なることもあるかもしれません。

 

内容は一般的なカードローンとほぼ同じ。審査を受け、無事クリアできればカードを発行。あとはATMなどで限度額の範囲内で借入と返済を繰り返すことができる、というものです。

 

労金カードローンのメリット

最大のメリットは金利が低めに設定されていることです。属性によって適用される金利が異なるので少々分かりにくいかもしれませんが、まとめると以下のようになります(中央ろうきんの場合)。

 

  • 団体会員の構成員:3.875〜7.075%
  • 生協会員の組合員およびその家族:4.275%〜7.475%
  • 一般の勤労者:5.275%〜8.475%

 

限度額は300万円まで。基本的には店舗での申込みですが、ネット申込みやファックスからの申込みにも対応しています。

 

労金カードローンのデメリット

消費者金融などと比べると、どうしてもスピードに劣るのがデメリットではないでしょうか。仮審査の結果が出るまでおよそ1週間、本審査の結果が出るまでさらに1週間。実際にカードが手元に送られてくるまで約2週間。大体1ヶ月くらいの期間を見積もっておく必要があります。

 

「今すぐにお金を借りたいんだけど!」という方にとっては不十分な速さですね。

 

こんな人におすすめ

労金ユーザー

すでに労金を利用している人にとって魅力的なカードローンであることが間違いありません。最少金利で3.875%は他の金融機関ではまずお目にかかれないくらい低い金利。

 

特に急いでいない人

上記しましたが実際にカードを手に入れるまで1ヶ月くらい必要になるため、ある程度余裕のある人でなければ適していません。しかし一度カードを発行してしまえばあとは自由に借入・返済ができるので余裕があるときに作っておくのもひとつの手。

 

借り換えを検討している人

とにかく金利が低いので、消費者金融や銀行カードローンを利用している人にとって借り換え先の候補に最適ですね。

 

JAのカードローン

銀行・消費者金融以外のカードローンには何がある?労金、JAのカードローンの違いとは?

 

JAは農協…つまり農業に従事する人のための団体。そしてJA会員によって構成されている金融機関が「JAバンク」になります。カードローンはJAバンクが提供しているサービスです。

 

JAのカードローンのメリット

カードローン自体は一般的なカードローンとほぼ同じ内容になります。基本的に使い道は自由。あらかじめ決めておいた借入限度額の範囲内で何度でもお金を借りたり、返すことができます。

 

また一般的なカードローンと違って、JAのカードローンは各地域ごとに独自のサービスを展開しています。

 

例えばJA福岡の「ゆうゆう楽¥(らくえん)」。これは『変動金利8%』で利用できるカードローンになっています。一方JA長野の「Lip(リップ)」というカードローン。これは農業信用基金協会またはオリエントコーポレーションのいずれかを選択することで金利や年齢制限が変動する、というものになっています。

 

地域や勤務地によって金利、サービス内容が異なるので必ず事前にチェックしておく必要があります。

 

JAのカードローンのデメリット

労金のカードローンは実際に使い始められるまでに大体1ヶ月前後の期間が必要でした。そしてJAのカードローンもまた申込みからカードが手元に届くまでだいたい1ヶ月が目安となっています。つまり、すぐにお金が必要な人にとっては利用しづらいカードローンと言えるでしょう。

 

また、上記のメリットの項でも紹介したよに地域によって内容が異なるのはデメリットにもなりうる部分だと思います。実際に各地域ごとのJAに問い合わせてみないと内容が分からないこと、他の地域と比べてメリットが薄い、あるいは使い勝手が悪いケースも十分考えられます。

 

こんな人におすすめ

JAの組合員

どの地域のJAカードローンを利用するかにもよりますが、基本的に組合員はい優遇されることが多いと言われています。

 

低金利でお金を借りたい人

やはり金利については一概に言えませんが、全体的に見て銀行や消費者金融のカードローンよりも圧倒的に金利が低めに設定されているのは間違いありません。

 

借り換えを検討している人

金利の低さを活かして乗り換え先、借り換え先として検討するのは有効な方法だと思います。ただし、すぐに借入していると審査に通りづらいという話も良く耳にするので、必ずしも簡単に行くとは限りません。

 

終わりに

ということで今回は労金のカードローンとJAのカードローンについて紹介しました。JAカードローンは各地域によってサービス内容が異なるため、一概に労金とJAのどちらを選ぶべきかを判断しづらい部分はあります。なので余裕があれば両方から話を聞いてみて、よりメリットが大きいと感じられる方を選ぶのが正解だと思います。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ