極度額はキャッシング業者が設ける最上限、限度額は契約上の上限額として扱われることが多い

銀行系カードローンランキングへ

極度額と限度額似ているが何が違うのか?

極度額と限度額の違い

 

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを見ると極度額と限度額が記載されていることがあります。そのため「結局いくら借りられるの?」と混乱してしまうこともありますよね。そこで今回は限度額と極度額の違いについて紹介していきます。

 

限度額と極度額の違い

限度額

限度額は現在借入できる最高額のことを言います。例えば「あなたは返済能力がまずまずなので最大100万円まで借入できますよ」といった具合ですね。

 

他にも「利用限度額」「利用枠」といった言い方もあります。

 

極度額

極度額はキャッシング業者で契約できるもっとも大きな金額のことを言います。例えば消費者金融の公式サイトに「500万円まで借入できる!」といった表記があれば、これは極度額を表しています。

 

限度額と極度額を設定する理由は?

どうしてわざわざ限度額と極度額という2つの上限を設けているのか、混乱を招いているようで釈然としない人もいるかもしれません。

 

簡単に解説すると「こんなにたくさん借りられるんだ!」と極度額で引き寄せて、実際は限度額しか借りられないための宣伝のようなものです。

 

もちろんほとんどの人は「極度額500万円?そんなにたくさん借りないよ」と考えるでしょうが、中には「たくさん借りられればそれに越したことは無い」と考える方もいらっしゃいます。こういう方は極度額が大きめに設定されている方が魅力的に感じられますよね。

 

誰もが極度額を借りられるわけではない

限度額は最初は少なめに設定されていて、利用実績に基づいて増額されていくのが一般的です。例えば最初は30万円の限度額だったけれど、1年間滞りなく返済し続けた実績ができたので50万円まで借入できるようになった。といった具合でしょうか。

 

少しずつ実績を積み重ねていくことで限度額の引き上げが認められるのですが、残念ながら大半の人は極度額いっぱいまで借入するのは不可能です。

 

その理由としては総量規制(年収の1/3までしか借入できない)や返済能力など様々な物が挙げられます。

 

終わりに

今回紹介したように、限度額と極度額には違いがあることが分かります。ポイントをまとめると以下の通りです。

 

  • 限度額は実際に借入できる上限額
  • 極度額は消費者金融から借入できる最上限額
  • 極度額はあまり気にする必要は無い
  • 限度額は少しずつ増やせる(増額・増枠)

 

キャッシングで実際に借入できる上限は限度額になるので、気にするべきはここです。極度額はあまり気にせずに「このキャッシング会社は最大でこれくらいまで借りられるんだなぁ」くらいに留めておくのが正解だと思います。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ