カードローンの利用履歴が影響するものとは?住宅ローンなど他のローンに影響を与えることはある?

銀行系カードローンランキングへ

カードローンの利用履歴が影響するものとは?住宅ローンなど他のローンに影響を与えることはある?

利用履歴が影響するもの

 

「カードローンを利用すると信用情報に傷がついて住宅ローンや自動車ローンを組めなくなる」といった話を聞いたことは無いでしょうか。もしこれが本当だったら「できればカードローンを利用しない方が良い」となってしまいます。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

 

今回は「カードローンが他のローンに悪影響を与えるのか」について紹介していきます。

 

まずは信用情報について知る

カードローンの利用履歴が信用情報に傷をつける、という話。そもそも『信用情報』とは何かから理解する必要があります。

 

信用情報とは簡単に言えば「クレジットカードやカードローンの利用記録」のこと。例えば「いつカードローンの申込みをして、どれくらいお金を借りて、きちんと返済しているのか」をこと細かく記録しています。

 

この信用情報を管理しているのが信用情報機関になります。現在日本で認められている信用情報機関は以下の3つ。

 

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • 全国銀行個人信用情報センター

 

どのクレジットカード会社、カードローン会社がどこに加入しているのかは特に気にする必要はありません。複数の信用情報機関に登録していることも多いですし、それを気にしたところで私たちがどうこうできるわけではないからです。「信用情報機関というところがあって、そこに信用情報が記録されている」ということを理解しておけば十分だと思います。

 

金融機関は信用情報をいつでも参照できる

上記した信用情報機関に記録される信用情報は各金融機関がいつでも参照できるようになっています。正確には、自身が加入している信用情報機関の信用情報なら自由に閲覧できる、が正しいですが。複数の信用情報機関に加入していることが多いのであまり気にする必要はありません。

 

信用情報に傷が付く=金融事故を起こした

信用情報に関する基本的のことを理解したところで、次は「信用情報に傷が付く」状態について紹介します。これは延滞や踏み倒し、債務整理など返済に何らかのトラブルが起こっている状態になります。いわゆる『金融事故』ですね。具体的には以下のようなものが挙げられます。

 

延滞

カードローンの支払いを延滞すると信用情報に記録されます。2ヶ月〜3ヶ月以上延滞すると記録されることが多く、延滞する期間が短くても頻繁に繰り返すようだとやはり記録されます。延滞解消後1年〜5年間記録が残ります。

 

債務整理

自己破産や任意整理などいくつか種類がありますが、いずれの債務整理を選んだ場合も信用情報に記録が残ります。任意整理は最長5年間、自己破産なら5年〜10年にわたって記録が残ります。

 

強制解約

延滞が長引く、使い方が悪いなどの理由でカードローンやクレジットカードを強制的に打ち切られることを「強制解約」と言います。もちろん信用情報に記録が残ります。最長5年間くらい残ると言われています。

 

代位弁済

カードローンに申し込むときは保証人がいなくてもOKですよね。これは保険会社が保証人の代わりを務めているから。もしも返済が滞ってしまった場合は保証会社が代わりに支払う場合があります。これを「代位弁済」といいます。最長5年間信用情報記録が残ります。

 

信用情報に傷が付くと様々なローンの審査に通らなくなる

冒頭で紹介したように「カードローンを利用すると信用情報に傷がついて住宅ローンや自動車ローンを組めなくなる」のは本当です。理由は新しく申し込んだローン先は必ず信用情報をチェックするため。

 

例えば住宅ローン、自動車ローン、教育ローンといったものから、クレジットカード、カードローンなども該当します。

 

現状、審査の過程で必ず信用情報をチェックするようになっているので、過去に金融事項を起こした人はローンに通る可能性は限りなく低いと考えられます。

 

ただし、金融事故情報は一定期間で消されます。延滞の場合は最長5年、自己破産の場合は最長10年。決して短い期間ではありませんが…。

 

信用情報に傷がなければ特に問題無いケースがほとんど

ここまでは信用情報に傷がついている場合について紹介してきましたが、延滞することなく、適切に利用している場合はどうなのでしょうか。これは特に問題無いと言われています。

 

例えば「以前までカードローンを利用していたけれど今は完済済みで、これから住宅ローンを組もうと思っている」といったケースならまず間違いなく問題ありません。

 

しかし「今もカードローンを利用していて、ある程度借金がある。けれど一度も延滞したことは無い」という人だと断られてしまうことはあるかもしれません。

 

ポイントとなるのは「金融事故を起こしていないこと」「完済していること」「常習的にお金を借りていないこと」になります。この3点をクリアしていればそこまで心配する必要は無いでしょう。

 

終わりに

ということで今回はカードローン履歴がもたらす影響について紹介してきました。正しく利用していればそこまで影響は無い、という結論になります。しかし、過去に金融事項を起こしていたり、現在進行形でお金を借りていて、新規ローンを検討している人は少し難しい部分があるかもしれません。

 

もしもこれから住宅ローンやマイカーローンなど大きめの金額のローンを検討している人は、まずは完済すること、念のため解約しておくことをおすすめします。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ

関連ページ

マイナス金利はカードローンに影響を与える?もしかして金利が安くなったりする?-おすすめ銀行系カードローン比較
マイナス金利が住宅ローンに影響を及ぼす?住宅ローンの金利が下がる今がチャンス!-おすすめ銀行系カードローン比較
過払い金請求は弁護士?行政書士?
過払いは今もある?
過払い金請求の時効
極度額と限度額の違い
新入社員のキャッシング
信用情報に傷が付くのはどんなとき?
キャッシングトラブルの相談先
銀行カードローンのレディースキャッシング
AI(人工知能)が審査
葬儀費用を借りることはできる?
追証(おいしょう)のためにキャッシング
カードローン利用者
武富士が倒産した理由
分割払いとローン払い
キャッシングの利用は確定申告で減税することはできる?基本的に減税は不可と考えるべき
新生銀行が危ない!?
ゆうちょ銀行と銀行は何が違うの?メリット・デメリットのまとめ
おまとめローンの後に過払い請求をするべき?どんなメリットが得られる?
銀行と名の付くものを徹底解説!メガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、ゆうちょ銀行…それぞれの違い、メリット、デメリットのまとめ
リクルートが中小企業向けの金融事業をスタート!果たしてその思惑とは?
銀行・消費者金融以外のカードローンには何がある?労金、JAのカードローンの違いとは?
結婚資金が足りないかも!?ブライダルローンに頼るべき?結婚資金に関する情報のまとめ
確定拠出年金のメリットやデメリットは?節税効果はどのくらい期待できる?
最もメジャーな仮想通貨の「ビットコイン」って何だろう?仕組みや利便性を徹底解説
耳にする機会が増えてきたFinTech(フィンテック)って一体何?これからに備えて仕組みを知ろう!