葬儀費用を借りることはできる?葬儀ローンを組むことも視野にいれるべき?-おすすめ銀行系カードローン比較

銀行系カードローンランキングへ

葬儀費用を借りることはできる?葬儀ローンを組むことも視野にいれるべき?

葬儀費用

 

葬儀費用の相場は約180万円前後だと言われています。最近では簡素な葬儀を選び10万円前後で済ませる方も増えてきているそうですが、いずれにしてもそれなりにまとまった金額が必要になってきます。

 

手持ちのお金があれば良いのですが、もしもお金が足りなかったときはどうするのが良いのでしょうか。葬儀費用のためにお金をわざわざ借りることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんね。

 

今回は葬儀費用に関する情報をいくつか紹介していきます。

 

葬儀費用は相続財産から支払うこともできる

亡くなられた方の銀行口座は、死亡が確認された時点で凍結されてしまいます。そのため銀行窓口、キャッシュカード、通帳などでお金を引き出すことができません。もちろん入金や送金もできません。

 

しかし、葬儀費用に関して言えば、家族や相続人なら凍結された口座からでも引き出すことができるようになっています。各金融機関ごとに必要な書類が手続きが異なる可能性があるので、直接金融機関に相談するのが良いと思います。

 

保険に加入していれば葬儀代を捻出しやすい

保険で葬儀代を支払う

 

高齢化社会が進んでいることもあって、葬儀保険が人気を集めています。掛け捨てタイプで、1月辺り1000円前後の保険料から選ぶことができます。保険会社によって内容を異なりますが、50万円、100万円などかなりまとまった金額が支払われます。

 

ただしこちらも葬儀から1週間前後で支払われることがほとんど。早いところなら翌営業日に支払ってくれるところもあるようです。

 

生命保険は?

同様に生命保険も葬儀費用として活用できます。しかし、保険会社から振り込まれるまでかなり時間が必要になるため、葬儀費用として間に合わないケースが大半です。

 

保険金が間に合わないときは葬儀ローンを検討してみる

葬儀ローンとは名前の通り、葬儀費用のためのローンになります。名称は色々とあって、葬祭ローンや冠婚葬祭ローン…と呼ばれることもあるようです。

 

葬儀ローンを提供しているのは「葬儀会社」または「銀行」になります。

 

葬儀会社の葬儀ローン

葬儀会社が提供している葬儀ローンは実際はクレジットカード会社と提携してサービスを提供していることがほとんど。オリコやJACCSが多いようです。

 

金利の相場は8%〜18%とやや高め。しかしインターネットから申込みができる、最低限の書類を用意すればOK、スピード融資に対応など利便性の高さが魅力になります。

 

銀行の葬儀ローン(フリーローン)

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など、主要銀行のほとんどがフリーローンを提供しています。これは特に目的を問わないので葬儀ローンとして活用することも認められています。

 

インターネットから申込みができるなど利便性の高さは優れていますが、葬儀会社の葬儀ローンと比べると融資までの時間は長くなりがちです。ただし金利は4%〜14.5%前後と低め。

 

他にも「葬儀ローン」を取り扱っている銀行もありますが、ほとんどは地方銀行になります。特殊な条件(例:銀行口座を持っている、年収○○万円以上など)をクリアしていないと申し込めないケースが多いので条件を確認してから申込みましょう。

 

葬儀費用の補助金を活用する

各市区町村から「葬祭費」や「埋葬費」が支給されているのをご存知でしょうか。故人が国民健康保険加入者、または社会保険加入者であれば申請することで補助金が支給されるようになっています。

 

健康保険加入者の場合 葬祭費として3万円〜5万円くらいの支給。各自治体によって金額が異なる。申請先は各市区町村役所の国民健康保険課
社会保険加入者の場合 埋葬費として一律5万円の支給。組合によっては独自の補助金制度を設けていることも。申請先は勤務先または所轄の社会保険事務所

 

ただしこれらの補助金はすぐにお金を受け取れるわけではありません。国民健康保険加入者だった場合、葬祭費の申請に「お葬式の領収書」が必要になってくるため、基本的には葬儀を済ませた後に受け取るお金になります。

 

終わりに

あらかじめ準備できていたならまだしも、故人が急に亡くなられるなど対応が難しいときもありますよね。いきなり100万円以上のまとまったお金を請求されても困る、という人が大半だと思います。ですが今回紹介した葬儀ローンを始めとするサービスを上手く活用すれば乗り切れるのではないでしょうか。

 

もちろん少額で済ませられるのなら銀行系カードローンを活用するのも良いと思います。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ

関連ページ

マイナス金利はカードローンに影響を与える?もしかして金利が安くなったりする?-おすすめ銀行系カードローン比較
マイナス金利が住宅ローンに影響を及ぼす?住宅ローンの金利が下がる今がチャンス!-おすすめ銀行系カードローン比較
過払い金請求は弁護士?行政書士?
過払いは今もある?
過払い金請求の時効
極度額と限度額の違い
新入社員のキャッシング
信用情報に傷が付くのはどんなとき?
キャッシングトラブルの相談先
銀行カードローンのレディースキャッシング
AI(人工知能)が審査
追証(おいしょう)のためにキャッシング
カードローン利用者
武富士が倒産した理由
分割払いとローン払い
利用履歴が影響するもの
キャッシングの利用は確定申告で減税することはできる?基本的に減税は不可と考えるべき
新生銀行が危ない!?
ゆうちょ銀行と銀行は何が違うの?メリット・デメリットのまとめ
おまとめローンの後に過払い請求をするべき?どんなメリットが得られる?
銀行と名の付くものを徹底解説!メガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、ゆうちょ銀行…それぞれの違い、メリット、デメリットのまとめ
リクルートが中小企業向けの金融事業をスタート!果たしてその思惑とは?
銀行・消費者金融以外のカードローンには何がある?労金、JAのカードローンの違いとは?
結婚資金が足りないかも!?ブライダルローンに頼るべき?結婚資金に関する情報のまとめ
確定拠出年金のメリットやデメリットは?節税効果はどのくらい期待できる?
最もメジャーな仮想通貨の「ビットコイン」って何だろう?仕組みや利便性を徹底解説
耳にする機会が増えてきたFinTech(フィンテック)って一体何?これからに備えて仕組みを知ろう!