金利が高くても柔軟で早い対応か。スピード性はないが金利が安いか。

銀行系カードローンランキングへ

カードローンを利用する時には、自分に合うものを選ぶ!

銀行系カードローン

誰でも給料日前に生活費が足りそうにない、予定になかった結婚式に招待されてピンチという経験はあると思います。後一週間凌げれば給料日なのに、どうしても借りなければやり過ごせないといった状況をどうするか?

 

そんな時に便利なのがカードローンです。カードローンと一言で言っても、銀行系カードローン、信販会社、消費者金融などの種類がありどこを選ぶかは自分次第。では何を基準に借りる先を選べば良いのでしょうか?それはあなた自身の状況に合わせた借り方を選択する事が重要です。
融資までのスピード、金利、返済方法など必ず自分が求めるニーズがあるはずです。現在は多様な形でのカードローンが可能で、申し込み方法もパソコンやスマホを利用したものが多く存在し、大変便利が良くなっています。

 

金利なら銀行系カードローンが有利

お金を借りる際に必ず発生する金利ですが、もちろん低ければ低い程利用する側にとっては助かります。その点から考えれば、銀行系カードローンの金利は4%代から14%あたりが平均的で、消費者金融や信販会社に比べて低くなっています。そんな銀行系カードローンですが、審査は厳しい、融資まで時間がかかるというイメージがあると思います。確かに普段取引をしている地元の銀行では、実際にはそういった事実はあります。

 

しかし最近では即日融資可能な銀行系カードローンも登場しています。
それはネット銀行で、ここ数年で成長著しい存在となっていて、各ネット銀行が多くのローン商品を出し利用者も急増している現状があります。
ネット銀行の最大のメリットは、当然インターネットを利用した取り引きで、入出金などはもちろんカードローンの申し込みから融資までネットで進めらる点が特徴です。
そんな中でも消費者金融だったレイクが、新生銀行に変わったのは皆さんの記憶にも新しい事だと思いますが、新生銀行のカードローンであるレイクは消費者金融時代の無人契約機などはそのままなので、無人契約機に行けば早くて1時間くらいあればカード発行が可能です。
ただ金利は消費者金融なみで18%となっており、金利重視なら他のネット銀行を選んだ方が良いでしょう。

 

→銀行系のおすすめはプロミス

 

銀行系キャッシング ネット銀行 消費者金融
14.50% 3%〜17.8% 4.5%〜18%

 

審査の柔軟性とスピードなら消費者金融が有利

一方で融資までのスピードが速く、利便性が高いのが消費者金融でのカードローンです。大手から中小企業まで合わせると、数多くの消費者金融が存在しますが、消費者金融の売りは何といっても即日融資に柔軟に対応する点が挙げられます。審査も銀行に比べると少し基準は緩くなっている様で、その辺も即日融資が可能なポイントのひとつと言えるでしう。

 

金利の面でいえば確かに銀行を上回る18%の金利を払う事になりますが、ネット申し込みから融資までの時間はアコムでは早ければ1時間半くらいあれば可能で、振り込みでも半日あれば十分に融資が受けられます。他の消費者金融もそれと同じくらいの即効性を持つ所も多くあります。

 

どうしても今日中にお金が必要だという人に関しては、消費者金融の方が利便性が高いと言えます。
消費者金融には他にも、消費者にとって便利の良いサービスがあります。それは大手消費者金融会社に限られるかも知れませんが、初めてのカードローンであれば30日間無利息というのが当たり前のサービスとなりつつあり、これを上手く利用する事で利息を払う事なくお金のピンチを乗り越える事が出来ます。

 

例えば給料日まで1週間生活費が5万円不足するといった場合を考えてみると、借りたい分の5万円だけを借り、一週間後の給料日に返済をすれば利息は発生せず、元金のみを返済すれば完済出来てしまうのです。そういったサービスは銀行系では実現されていないので、消費者金融独自の便利なサービスとなっており、これを活かした形で上手に利用する人も多くいます。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ