カードローンの在籍確認はプライバシーにも考慮

銀行系カードローンランキングへ

カードローンからの電話とは気づかれないので安心

カードローンの在籍確認

カードローンの申し込みをした場合には、勤務先に対して在籍確認が行われる場合が多いようです。申込書に記載された勤務先に実際に申込者が在籍しているのかどうかを、電話によって確認することになります。

 

在籍確認についてはどのような内容の電話になるのか不安に感じる人もいるかもしれませんが、実際には電話に出ればそれで在籍確認はOKになることがほとんどなのです。

 

ただし一部のカードローン会社では間違いがないかどうかを確認するために、氏名や住所や電話番号などを質問します。

 

またカードローン会社は電話の際には個人名を名乗りますので、あなた以外の人が電話に出た場合であってもカードローン会社からの電話であることはわからないのです。

 

「私は○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」という感じですから、電話に出た人はおそらく取引先の人か知人だと思うはずです。

 

「契約の事実を第三者に知らせてはならない」と貸金業法で定められていますので、カードローン業者にはあなたのプライバシーを守る義務があるのです。

 

申込者本人が不在であっても大丈夫です

在籍確認は申込者が勤務先に間違いなく在籍していることを確認するために行われるものですから、本人が電話に出ることができなくても大丈夫なのです。

 

他の人が電話に出た場合であっても、申込者が在籍しているということがわかればそれでOKになります。

 

例えばカードローン会社から「△△さんはいらっしゃいますか?」という電話がかかって来た場合に、電話に出た人が「△△はただいま席を外しております」などと答えれば、それで在籍は確認できるのです。

 

一方で「当社には△△という人物はおりませんが?」という場合には、申込者は在籍していないと判断されて審査には通らなくなります。在籍確認の際には、特にパートやアルバイトの人などは注意が必要です。

 

スタッフの多い職場などの場合には電話に出た人が「よくわかりません」などと答えることがあるかもしれません。事前に自分が電話に出られる時間をカードローン会社に指定しておくか、あるいは電話担当の人に自分あての電話がかかってくることを伝えておくのがよいでしょう。

 

カードローン会社に要望を伝えてみましょう

カードローン会社に要望を伝えることで、ある程度あなたの希望や都合などに合わせてもらえる場合もあります。

 

例えば個人名で電話がかかってくることが少ない職場であれば、事前にカードローン会社に「○○株式会社の△△と名乗って電話をしてください」などとお願いしてみてください。取引先の会社名で電話がかかってくれば周りに怪しまれることはないはずです。

 

また電話をするオペレーターの性別や年齢などを指定できるカードローン会社などもあります。在籍確認の電話に不安を感じるという人はカードローン会社に一度相談をしてみてください。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ