実際に存在する闇金融会社について

銀行系カードローンランキングへ

グレーゾーン金利について

最近よくキャッジング関連のCMで、過払い金返還という言葉を耳にするかと思います。グレーゾーン金利は、この過払い金返還と深く関係をしているのです。グレーゾーン金利とはどういった金利のことをいうかと言いますと、利息制限法と出資法の2つの法律で決められている金利の間の金利のことを表しているのです。このグレーゾーン金利が問題となり、過払い金返還が行われるようになったのです。

 

利息制限法と出資法

利息制限法と出資法の2つの法律は、どちらも貸金業者に対して設定金利の制限を決める法律のことで、それぞれの法律で上限金利が異なっていたのです。利息制限法の場合は、10万円未満なら年利20パーセント、10万円以上100万円未満なら年利18パーセント、100万円以上なら年利15パーセントが上限でした。出資法の場合は、金額に関係なく年利29.2パーセントを上限としていました。また、利息制限法に違反をしても罰せられることはありませんでしたが、出資法に違反をすると罰せられるという違いもありました。このような違いから、貸金業者の中には、利息制限法を超えた利息の設定をしてお金を貸していたところがあったのです。この2つの法律の上限金利の差が、今問題となっているグレーゾン金利なのです。

 

グレーゾン金利が撤廃

2010年6月18日に貸金業規制法が改正され、グレーゾン金利が撤廃されることになりました。また、今まで高い金利でお金を借りていた債務者に対しては、利息制限法に基いて計算をし直し、払いすぎていた利息を返還してもらえるようにもなりました。貸金業規制法が施行される以前に、貸金業者からお金を借りていたという方は、グレーゾーン金利の利息を払っていた可能性がありますので、1度きちんと調べて確認をされることをお勧めします。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ