年収の1/3までしか借りられない総量規制…収入ゼロの専業主婦が借り入れする方法

銀行系カードローンランキングへ

総量規制は貸金業者だけに適用される規制

 

ニュースなどでもしばしば報道されていたので、総量規制という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。総量規制とは貸金業法で規定されているもので、借り入れを希望する人の年収1/3を超えて貸付を行わないルールのことです。多重債務者にならないようにするための対策なのですが、問題も出てきています。
その中でも切実なのは、専業主婦の方です。専業主婦は自分の所得はゼロです。つまり総量規制のルールに当てはめてみると、借り入れができなくなります。配偶者貸付と言って、配偶者に所得があれば借り入れは可能となっています。しかしこの場合、配偶者の収入を証明する書類や配偶者が借り入れに関して同意している証拠書類を準備しないといけません。手続きに時間がかかってしまうため、消費者金融の大手は原則専業主婦には貸し出しを行っていません。では専業主婦が生活費のやりくりで困った時に、お金を借りる手段はないのでしょうか?銀行カードローンであれば、専業主婦の方でも借り入れ可能です。なぜなら総量規制が貸金業法の枠内で決められているものだからです。

 

専業主婦でも利用可能な銀行カードローン

銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の規制は受けません。つまり総量規制の対象外であり、収入のない専業主婦に対しても融資してくれます。しかも配偶者の同意書や収入証明書類なしでも借り入れできる銀行カードローンもあります。専業主婦の本人確認書類と申込書を提出すれば、申し込みを受理してくれます。もし家計のやりくりに窮しているのであれば、銀行カードローンでの借入を検討してみましょう。銀行カードローンの中には、即日審査・即日融資のようなスピーディな審査の所もたくさんあります。

 

→専業主婦におすすめの銀行カードローン「イオン銀行カードローンBIG」

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ