銀行カードローンとサラ金の違いとは?どちらを選んだほうがよりメリットが大きいのか?

銀行系カードローンランキングへ

銀行系カードローンとサラ金の違いとは?どちらを選んだほうがよりメリットが大きいのか?

銀行カードローンとサラ金の違いとは?どちらを選んだほうがよりメリットが大きいのか?

 

お金を借りようと思ったら、以前まではサラ金(サラリーマン金融)が一般的でした。しかし、今はサラ金だけでなく、銀行カードローンも選択肢のひとつとして加えられています。

 

一昔前までは「サラ金って怖いところでしょう?」というイメージがありましたが、最近はクリーンなイメージが定着してきていますし、銀行カードローンに対しても同様に「怖いところ」というイメージはあまりありませんよね。つまり「申し込むときの気軽さ」に関して言えばどちらもあまり大差ないように感じられます。

 

しかし、サラ金と銀行カードローンにはいくつかの違いがあります。そこで今回は「お金を借りるときにどちらを選ぶべきなのか」の判断材料となるそれぞれの違いについて紹介していきます。

 

サラ金という呼び名も余り使われなくなり「消費者金融」や大手の場合などは「銀行系カードローン」などと呼ばれています。

 

最も大きな違いは『総量規制』

サラ金と銀行カードローンの最も大きな違いを挙げるなら総量規制の有無ではないでしょうか。

 

総量規制は「貸金業法」のひとつで、サラ金に適用されています。これは借入合計金額が年収の3分の1以下でなければならないというルールです。例えば年収300万円の人は100万円以内ならサラ金から借りることができる、ということになります。

 

では銀行カードローンには総量規制は無いのか、と言えばありません。銀行カードローンは貸金業法ではなく『銀行法』が適用されています。だから貸金業法を気にする必要が無いんですね。つまり、年収の3分の1以上の借り入れを希望する場合は銀行カードローンを選択肢として選ぶ形になります。

 

金利が低いのは銀行カードローン

借りたお金に対して金利が適用され、それに即した利息と共に返済していかなくてはなりません。そのためできるだけ金利の低い貸金業者からお金を借りるのが借金における絶対的なルールと言えるでしょう。

 

サラ金と比べて銀行カードローンの方が金利が低めに設定されていることが多いです。上限金利で比較してみると、サラ金はほとんどが18.0%の金利に設定されていますが、銀行カードローンは13%〜14.5%くらいに設定されていることが多いです。

 

もちろん借りる金額が大きくなればなるほど金利が低い方がいより有利になっていくので、やはり大きめの金額を借入しようと思っている人ほど銀行カードローンの方が適していると言えます。

 

→金利で選ぶカードローンランキング

 

無利息期間があるのがサラ金の強みのひとつ

一方で、サラ金を選ぶべきポイントのひとつとして無利息期間が挙げられます。これは決められた期間内であれば利息が発生しない、というサービスで比較的短期間で返済する予定の人にとって非常に使い勝手の良いサービスと言えますね。

 

例えばプロミスアコムといった国内の代表的なサラ金が無利息期間を提供しています。

 

即日キャッシングを希望する場合もサラ金が有利

サラ金を利用するメリットのひとつに即日キャッシングが挙げられます。銀行カードローンも即日キャッシングを提供しているところがいくつかありますが、利便性の高さ、使い勝手の良さを見るとやはりサラ金の方がスピード融資に優れています。

 

大手サラ金ならネット完結申込みに対応していて、早ければ30分程度で審査が完了。午前中に申込みを済ませておけば、その日のうちに振込みキャッシングなどで対応してもらえることがほとんどです。

 

例えば「どうしても今すぐお金が必要」「急な出費に対応しなくてはならなくなった」といった状況で強みを発揮してくれるでしょう。

 

→無利息カードローンランキング

 

審査はどちらも決して緩くは無い

一時期は「サラ金は審査が緩い」「銀行カードローンは審査が厳しい」と言われていました。確かにその傾向はあるのですが、どちらもそれなりの審査基準を設けているため、決して緩いとはいえないのが実情だと思います。

 

お金を貸す側としてはきちんと返済してもらわなくては困るわけで、返済の見込みが無い人はサラ金だろうと銀行カードローンだろうと審査を受け付けてくれないでしょう。

 

とはいえ「銀行カードローンの審査を落ちたけれどサラ金の審査には通った」という意見もよく見かけます。なので金利が低くて返済しやすい銀行カードローンを優先し、審査に通らなかった場合はサラ金を検討する、というのが今のスタイルだと言えるかもしれません。

 

大手サラ金はほとんどが銀行グループ傘下

余談になりますが、サラ金と銀行カードローンの境界はドンドン薄れていっているのが実情です。どちらも似たようなサービスで、似たような使い勝手であり…ということ。冒頭で紹介したように「どっちを選んだらいいのかな?」と悩むのもこのあたりが関係していると言えます。

 

これには理由があって、2010年に総量規制が施行され、過払い金請求が大流行した際に、多くのサラ金が経営難に陥ってしまいました。そこで貸金業に手を出したいと考えていた銀行グループ各社がサラ金を拾い、ノウハウを吸収しよう、顧客獲得に繋げよう、と傘下に加えていったわけです。

 

アコムは三菱東京UFJ銀行、プロミスは三井住友フィナンシャルグループ、レイクは新生銀行グループなど大手サラ金はほぼ全て銀行グループに含まれていますね。

 

サラ金を吸収する形で銀行カードローンのサービスが一新され、今のような「サラ金と銀行カードローンの違いって何だろう?」と思えるようなサービスの共通性、利便性の高さが生まれた、とも言われています。

 

利用者である私達側から見ると、いずれにしても使い勝手が良くなったことに不満はありませんし、よりクリーンな経営スタイルを貫いているのはメリットですよね。

 

終わりに

ということで今回はサラ金と銀行カードローンとの違いについて紹介してきました。今後はさらに両者の違いが薄くなっていって、最終的には「使いやすいところを選べば良い」となるかもしれませんね。いずれにしても利用するサラ金、銀行カードローンによって金利や使い勝手にまだまだ違いがあります。しっかりとリサーチした上で自分が1番使いやすいと思えるところを選べるようにしたいですね。

カードローン選びに迷ったら!

銀行系カードローンおすすめランキング


プロミスおすすめ